降魔成道のオフタイム2

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田竿燈まつり

<<   作成日時 : 2017/08/10 21:55   >>

ナイス ブログ気持玉 73 / トラックバック 0 / コメント 20

 秋田竿燈まつりは毎年8月3〜6日の4日間開催される。私は5日(土)に行ってみた。秋田竿燈まつりは東北三大夏祭りの一つであり、日本三大提灯祭りの一つであり、重要無形民俗文化財である。

 竿燈は「光の稲穂」とも呼ばれるように、五穀豊穣を願った秋田独特の七夕行事である。現存する最も古い文献は寛政元(1789)年の津村淙庵の「雪の降る道」で、長い竿を十文字に構えてそれに多数の灯火を付けて太鼓を打ち鳴らしながら練り歩いたとある。形状や風俗は少しずつ変化していったのだろう。現在は、メインの大若は長さ12m、重さ50kg、提灯の数46個。中若、小若、幼若とより小さな年少者向けの竿燈もある。

 去年と同様に日銀秋田支店の前で見物し撮影した。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

この三本はとにかくもたれ合う
画像

画像

画像

約20分で演技は一旦終了。竿燈を水平にして前方へ移動した。つまり観客はその場で別の演技者の竿燈を見物することができる。
画像

画像

竿燈を立てて演技開始。
画像

画像

画像

今回は竿燈よりも演技者に注目して撮影してみた。
演技者の動きはかなり激しく、また予想をつかないために、バスケの試合を撮影するくらい難しかった。私の撮影技量が低いためにブレまくり。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 今年は282本の竿燈が上がったとか。晴天に恵まれてホント良かった。

 今年から始められた試みで、秋田港に寄港したクルーズ客船の乗客を、秋田港駅〜土崎駅〜秋田駅の間を列車で輸送した。秋田港駅〜土崎駅は貨物専用線で通常客車は走っていない。秋田港駅には旅客のためのプラットホームがないので、簡易ホームを急遽作ったとのこと。数百人の乗客をバスで送迎するのも容易でなく、色々と問題だったらしい。タクシーなら3000円かかるところ、運賃200円の列車は好評だったとのこと。いくつか課題はあるようだが、改善しながらこれからも続けて欲しいと思う。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 73
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
スッキリ・くっきりと提灯が輝いて見えます。
竿灯まつりの事は、なんとなく知っていますが、
すごい数の竿灯が立つとは知りませんでした。
バランスの大切さを体で覚えて演技する、迫力と
スリルはたまらないでしょうね。
つむぎ
2017/08/10 23:02
おはようございます♪
さすが秋田を代表する竿灯、お天気にも恵まれ
多くの観光客が集まったようですね。
クルーズ客への対応も、おもてなしの心が大切
ですよね。(^_^)/
えのもと
2017/08/11 05:41
お早うございます
演技者は普段より身体
鍛えておかないと駄目で
しょうね〜
すーちん
2017/08/11 07:55
こんにちは

男意気の見せ所
さてさて
女性はやらないのかな
現代女性も強いからな〜
無門
2017/08/11 10:32
こんにちは。

秋田竿燈まつりですか。
いいですね。
提灯がいっぱい吊るされるんですね。
東北の夏の祭り、いいなぁ〜。
トトパパ
2017/08/11 11:30
こんにちは。
秋田竿灯まつりも迫力ありますね。
これだけの提灯を操るには大変な練習も積むんでしょうね。
夜空に提灯の灯りが綺麗でしょうね〜、一度見に行きたいものです。
ロシアンブルー
2017/08/11 17:35
こんばんは。
秋田竿燈まつりは東北三大夏祭りの一つで、日本三大提灯祭りの一つ。重要無形民俗文化財ということが分かりました。素晴らしい伝統のあるおまつりですね。
東北には遠すぎておいそれと行くことはかないませんが、こうしてブログで紹介してもらえたら、祭りの様子もよく分かって嬉しいです。ありがとうございました。
トンキチ
2017/08/11 22:21
竿燈まつり 二回行きました。
あの重くて 高い 竿燈を 肩やオデコに
乗せて バランスを保つ姿に 思わず
拍手を 送ってしまいますね。 
夜空に 灯のともった 竿燈の行列は
勇壮 優美で 感動しました。
あ〜 又行ってみたくなりました。
フラバーバ
2017/08/12 10:39
凄い!
迫力あります
テレビでしか観ていませんが
素晴らしい伝統のお祭りです
重いのにバランスが素晴らしいですね
ジュン
2017/08/12 15:25
こんばんは。
とても迫力のあるお祭りですね。
演技者の方のバランス感覚素晴らしい
よく練習されているんでしょうね。
一度本物を見たいものですね。
ゴンマック
2017/08/13 18:37
つむぎさん、コメントありがとうございます。
私の自宅近くの小学校でも子供たちが練習しています。本番の2〜3ヶ月前から大人たちもお囃子や竿燈挙げの練習しています。やはり大変なのでしょうね。私は実物を挙げたことがないのですが、50kgの実物は生半可には挙げられないと思います。
降魔成道
2017/08/14 17:11
えのもとさん、コメントありがとうございます。
竿燈は4日連続なので、何日かは雨に祟られることが多いですが、晴天続きで助かりました。クルーズ客船を列車で送迎するなんて、JRも行政も柔軟に対応してくれて良かったと思います。
降魔成道
2017/08/14 17:18
すーちんさん、コメントありがとうございます。
そうですよね。私は実物を挙げたことがないのですが、50kgは重いはずだし、それを額や肩や腰に乗せるのはかなり大変なはず。練習は欠かせませんね。
降魔成道
2017/08/14 17:47
無門さん、コメントありがとうございます。
子供用の小さめの竿燈を挙げている女の子はいますが、大人の女性はいませんね。太鼓や笛ならたくさんいますが。でもそのうち大人の女性も竿燈を挙げる時代が来るかも知れませんね。
降魔成道
2017/08/14 19:27
トトパパさん、コメントありがとうございます。
東北の祭りは関西や関東とは異なるものがありますよね。
私ももっと東北の祭りを巡ってみようと思っています。
降魔成道
2017/08/15 17:07
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
皆さん相当練習を重ねておられるようですよ。
竿燈は派手ではないけど美しいと思います。
降魔成道
2017/08/15 17:17
トンキチさん、コメントありがとうございます。
定年退職して時間が出来ればもっと全国を巡ってみたいですが、現状は無理なので秋田を中心に東北の話を発信していこうと思っています。また逆にトンキチさんの神戸を中心にとした近畿や瀬戸内方面のお話も興味深く拝見させて頂いております。これからもよろしくお願い致します。
降魔成道
2017/08/15 17:28
フラバーバさん、コメントありがとうございます。
二度も来られましたか。
額に肩に腰に、ホントすごいですよね。
今は参加型のお祭りが流行ってますが、流石に竿燈は飛び入り参加は無理ですよね。
降魔成道
2017/08/16 21:15
ジュンさん、コメントありがとうございます。
挙がっている竿燈は優雅で美しいですが、挙げている男たちはかなり大変です。今年は風が弱かったですが、強風の時は竿をしならせて倒れないように頑張ります。また通常でも一人の男が挙げているのは分くらいで、挙げたまま次の男と交代します。数人のチームで一本の竿燈を挙げます。倒れそうなときは協力しますが、通常は一人で挙げています。
降魔成道
2017/08/16 21:26
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
本番の数ヶ月前からあちこちで練習しているのを見かけます。
やはり練習が必要のようです。体力も必要ですよね。
50kgの重量を、風に逆らって挙げるのは容易でないはずですからね。気軽に参加できないのが難点と言えば難点のような。
降魔成道
2017/08/16 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋田竿燈まつり 降魔成道のオフタイム2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる