降魔成道のオフタイム2

アクセスカウンタ

zoom RSS 藍と端縫いまつり

<<   作成日時 : 2017/08/17 22:02   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 20

 8月6日(日)、湯沢駅から自転車で羽後町の西馬音内(にしもない)に到着。

西馬音内川に架かる二万石橋の彦三頭巾(ひこさずきん)を見ると西馬音内に来たと実感する。
画像


 西馬音内では毎年8月16日から3日間、日本3大盆踊りの1つで重要無形民俗文化財である西馬音内盆踊りが開催される。8月第1日曜日を含む金土日には、そのプレイベントとも言える「藍と端縫いまつり」が行われる。本来の目的は盆踊りで使用される衣装の虫干しだが、その衣装は美しいだけでなく、百年を越す絹布を使用した衣装などもざらで文化的価値も大きい。これを何処かの会場に集めて展示するのではなく、それぞれのお店や個人宅をオープンにして個人的所有物である衣装を展示する。我々観客は一軒一軒訪れて中で衣装を拝見させて頂くこととなる。中には窓ガラスの内側に展示して、外から観賞するだけのケースもあるが。「まちなか美術館」称しているだけのことはある。

弥助そばやとまるいちの間のお店。仏具店?
画像

画像

画像

画像


まるいち
お土産屋さん? 威勢の良い呼び声に誘われて店内へ。
画像

画像

画像

画像

画像


ながや
画像


西馬音内盆踊り会館
画像

会館内に展示されているお人形さん
画像

画像

画像

内部にはステージがあり、盆踊りの演技を鑑賞することができる。この日は14時から公演だったが、時間的都合でパスした。
画像

画像


総合案内所のお隣
画像

画像

画像

画像


羽後町歴史民俗資料館
町内の遺跡や文化財に関する資料を展示していた。西馬音内盆踊りなどの民俗資料も充実。
画像


ヘアサロンタカハシ
ガレージにて展示中。
画像

画像

画像

画像


木村屋 和菓子店
ここでは貴重なお話をうかがうことができた。
子供の頃は顔を出して踊るが普通だが、小学校高学年にもなると恥ずかしくなり自然と頭巾を被るようになるとのこと。そして端縫いは踊りがかなり上達して自信がつかないと着られないとのこと。しかし近年は外部からの踊り手が増えて初心者でも端縫いで踊る人が少なくないとのこと。端縫いにも色々と決まりがあるが、そんな外部の踊り手の衣装はちぐはぐな点が少なくないとのこと。東京などの盆踊りサークルの人たちが集団で踊りに来ることも多いとのこと。そしてそんな外部からの踊り手を、西馬音内の人たちは温かく迎えていることも良くわかった。
画像

この頭巾を実際に被らせて頂いた。視界は十分に確保できるが結構暑苦しい。
画像

画像

画像


西馬音内盆踊り案内所
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


九右衛門
画像

画像

画像

画像


安城屋
画像

画像

画像

画像

画像


赤川呉服店
伝統の藍染め技法を体験できる。
画像

画像

画像

画像


弥助そばや
西馬音内そばの元祖。繋ぎに布海苔を使っている。冷やがけが一般的な食べ方。
画像

画像


そしてブロ友えのもとさんのお店。
二万石橋の袂にあり、初めに挨拶に伺い、帰りにも寄らせて頂いた。
羽後麦酒、美味しかったです。ありがとうございました。
画像

画像

画像

画像


 藍と端縫いまつりは期待以上に素晴らしかった。これを観て盆踊りに来れば、より深く楽しめること間違いない。しかし今年は仕事の都合で盆踊りに来られない。とても残念である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

西馬音内ですか。
日本三大盆踊りなんですか。
それは知りませんでした。
きっとかなり盛大なんでしょうね。
行ってみたなぁ〜。
楽しそう。
トトパパ
2017/08/18 11:37
こんにちは

伝統に彩らせた西馬音内
ゆっくり見て回りたいところですね
無門
2017/08/18 18:04
こんばんは。西馬音内では、今日までの3日間、日本三大盆踊りのひとつで重要無形民俗文化財の西馬音内盆踊りが開催された旨。
盆踊りに使用される衣装がまちなかのいろんな店で展示されている光景は凄いですね。
まちなか美術館とはよく言ったものです。
近ければ見に行きたいところです!!
トンキチ
2017/08/18 21:51
こんばんは。
西馬音内盆踊りの衣装も中々素晴らしいですね。
藍染も素敵ですが端縫いにも決まりがあるんですか〜、珍しい衣装ですね。
個人所蔵のものを展示して見てもらう、なんかお雛様と似たような展示ですね。
謎の頭巾を被ってみたい気がしましたが、かなり暑そうですね。
ロシアンブルー
2017/08/18 23:40
おはようございます。
衣装が素敵ですね。素敵な衣装で優美に
舞う、夏の夜空を彩りますね
盆踊りも素晴らしいのでしょうが、踊り衣装の
虫干しを見て回るだけで感動しますね。
ゴンマック
2017/08/19 06:22
衣装の虫干しなんですね
素敵なお衣裳で私好みです
一度藍染め技法を体験してみたいのです
外部の方々の踊り手が多くなって
一緒に参加できるのが良いですね
ジュン
2017/08/19 10:23
端縫いのお衣装素敵ですね。
最初は裏返しじゃないの と思いましたが
着たときの 姿が 美しく見えるように
布をつなぎ合わせられた 着物に 興味が
湧きました。色使いが素敵です。
此の衣装での踊りは 色気もあり きっと
素晴らしいでしょうね。
フラバーバ
2017/08/19 11:23
トトパパさん、コメントありがとうございます。
西馬音内盆踊りには昨年行ってみました。
独特の雰囲気を持った素晴らしい盆踊りでした。
今年も行ってみたかったのですが、仕事の都合で断念しました。
その代わりと言うわけではないのですが、
今年は藍と端縫いまつりに来てみた次第です。
セットで来られたら最高だと思いました。
降魔成道
2017/08/19 19:54
無門さん、コメントありがとうございます。
素晴らしい伝統文化ですよね。
そしてそれを観光資源として活用するのも大切なことですね。
降魔成道
2017/08/19 20:31
トンキチさん、コメントありがとうございます。
最近はこのような伝統文化や民俗に強い関心を持つようになりました。奥羽は民俗文化の宝庫です。特に秋田県は都道府県別で重要無形民俗文化財の件数が断トツです。せっかく今は秋田県に住んでいるのだから、精力的に巡ってみようと思っています。
降魔成道
2017/08/19 20:49
こんばんは、
歴史がありますね、盆踊りに着る衣装そのものも艶やかな絹で作られ、代々の人達に引き継がれるお家の宝ですね、年に一度虫干しで出して飾り、盆踊りに使い大事に保管する、西馬音内盆踊りは見た事がありませんが伝統文化と思います。
Yoshi
2017/08/19 20:57
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
私も実はここに来るまで知らなかったのですが、個々のお店や個人宅を巡るのは、お雛様巡りと同じだと思いました。
盆踊りの衣装はそれぞれ個人の自慢の衣装でしょうから、当然と言えば当然かも知れませんね。生きている伝統文化だと思いました。
降魔成道
2017/08/19 21:00
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
衣装が素敵ですよね。
元々特に裕福なエリアだったわけではないので、良質な絹布は小さな破片も大切にして縫い合わせて代々引き継いできたのが西馬音内の端縫衣装です。100年を越えるのも珍しくないそうです。すごいことですよね。
降魔成道
2017/08/19 21:13
ジュンさん、コメントありがとうございます。
伝統文化は往々にして外部を撥ね付けますが、西馬音内の人たちはオープンなことに感銘しました。もちろんルールやマナーを守らない人間は論外でしょうけどね。
降魔成道
2017/08/19 21:27
お早うございます
こんなお祭りがあるとは
初めて知りました〜
素晴らしい祭り
是非残していって貰いたいですね〜
すーちん
2017/08/20 08:52
フラバーバさん、コメントありがとうございます。
端縫いはもちろん多くの絹布の端を縫い合わせて作ってますから、一見すると裏返しのように感じられるのも自然なことと思います。絹布を縫い合わせたりほぐしたり、また縫い合わせたり繰り返して100年以上も使われているのは凄いことだと思います。そしてそれが芸術の域に達していますよね。
盆踊りは昨年見ましたが、素晴らしかったですよ。
降魔成道
2017/08/21 19:10
Yoshiさん、コメントありがとうございます。
衣装を何世代にも渡って引き継いでいき、それが町ぐるみで行われている盆踊りを、私は他に知りません。本当に素晴らしいと思います。これからも伝承していって欲しいですね。
降魔成道
2017/08/21 19:20
すーちんさん、コメントありがとうございます。
この伝統文化は末長く残していって欲しいですよね。
本当に素晴らしいと思います。
降魔成道
2017/08/21 19:34
先日は、西馬音内に来て頂きまして
ありがとうございました。<(_ _)>
盆踊りも終わり、やっと疲れも抜けて
今度は住民運動会でドタバタしてます。
(^_^;)
えのもと
2017/08/24 13:49
えのもとさん、コメントありがとうございます。
その節は大変お世話になりました。
またそのうちに寄らせていただきますので、よろしくお願いいたします。
降魔成道
2017/08/24 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
藍と端縫いまつり 降魔成道のオフタイム2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる