降魔成道のオフタイム2

アクセスカウンタ

zoom RSS 横手のかまくら

<<   作成日時 : 2018/03/18 19:59   >>

ナイス ブログ気持玉 90 / トラックバック 0 / コメント 22

 2月15日(木)、かまくらを見に横手市を訪れた。横手市では毎年2月4日から17日にかけて「横手の雪まつり」が行われる。この間に様々なイベントが行われるが、メインは15日16日の両日に行われる「かまくら」である。

 仕事の後、秋田19:44発の普通列車に乗ったのは「刈和野の大綱引き」を訪れた時と同じ。刈和野20:22着、横手20:56着。「刈和野の大綱引き」は21:00から綱引き開始だが、「横手のかまくら」は21:00終了だったようで、祭りの残り香を楽しんだ。「横手のかまくら」には何度も来ているので、主会場は良く知っている。今回は横手駅から近い会場だけ見て回った。

 「かまくら」は秋田県の小正月行事である。多分一番有名なのはここ横手のかまくらだろう。横手のかまくらは400年以上の歴史がある。雪洞の中に祭壇を設けて水神を祀る。この雪洞自体を「かまくら」と呼ぶこともあり、現代では秋田県以外でも広く認知されている。ただ、仙北市角館の「火振りかまくら」や、美郷町六郷の「六郷のカマクラ行事」の「竹うち」など、「横手のかまくら」と全く異なる「かまくら」も存在し、「かまくら」とは何ぞや、と思ってしまう。これもいずれキチンと調べてみたいテーマだ。
 また秋田県以外にも新潟県魚沼地方の「ほんやら洞」のように「横手のかまくら」と似た行事が存在する。名称こそ違えども豪雪地帯に住む人々の思いは同じであり、共通文化と言えるだろう。

横手駅そばの「よこてイースト」にて
画像

猪目型の入口の前に女の子二人。
画像

画像

「横手の冬まつり」では雪像も随所に造られている。
画像


光明寺児童公園にて
画像

画像

秋田新幹線こまちだよね。
画像

誰もいないので、内部撮影。
画像

画像

ミニかまくらも、ロウソクがもっと灯っていたら、もっと綺麗だろうね。
画像

画像

こちらはまだ座布団が敷かれたままだった。
画像

画像

画像

画像

「かまくら館」には氷点下10度に保たれた「かまくら室」があり、真夏でもかまくらを体験できる。何年か前に入ったことあるが、寒いだけだったような(^^;
画像

ラブかま
画像

画像

画像


暖かい日が続き、秋田も雪がなくなってしまったのに、まだ雪まつりのお話を書いている私も何だかな。まあ仕方ないか。頑張ってブログ更新しないと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 90
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
横手のかまくら、有名ですね。写真やテレビで見ることはありますが、一度も実際に見たことはありません。
神様を祀る伝統文化でもあるのですね。それがお洒落にライトアップされ現代の若者にも愛されているのが素晴らしいなと思います。
ミクミティ
2018/03/18 21:05
こんばんは。

わー!
かまくらですか〜!
めちゃめちゃ素敵なかまくらですね。
かまくらって憧れですわ〜。
中に入って、お餅食いたいです。
トトパパ
2018/03/19 00:51
おはようございます。
横手のかまくら、ニュース映像でしか
見た事がありませんが、可愛いですね。
歴史のある伝統行事なんですね。
中は結構、広そう。中に入ってみたいです
ゴンマック
2018/03/19 08:28
横手のかまくらは400年以上の歴史があるとの事。
メインは15日16日両日に行われる「かまくら」だそうで、これも日程が決まっているんですか?
かまくらって、大人が立って入れるほどの大きなものもあるんですね。
期間中は、市内に100基ほどのかまくらが作られるとありました。
秋田は日照時間が日本で一番短く、それが美人を育てるとも言われています。
かまくらに入った女の子も、美しく輝いていたのでは?と想像します。
昔の照明は蝋燭だけでしょうけど、現在はLEDで縁取られ、イルミネーションもあって綺麗です。

アルクノ
2018/03/19 10:12
こんにちは、
歴史的にはそちらの方が先ですが雪国で雪山を作り穴を掘る(かまくら)ロウソクを点すは同じなんですね、でもあんまり祭壇は見ません、小さい時にはセッセと作ってましたょ(笑い)。
Yoshi
2018/03/19 11:49
かまくらって中は暖かいように見えますが、どうなんでしょう。夜の撮影がおとぎ話のなかのようです。イルミネーションがいっそう夢を見させてくれます。
はるる
2018/03/19 18:30
横手の雪まつり、このメインイベントが「かまくら」なんですね。
横手のかまくらも400年以上続くという歴史ある行事のようで、素晴らしい伝統が続けられていることに敬意を表したいと思います。
かまくらもライトアップされたら幻想的ですね。
あ〜かまくら、見てみたい、入ってみたいです。
トンキチ
2018/03/19 21:20
今日は
綺麗に作るもん
ですね〜
本職の方が居るみたい^^
すーちん
2018/03/20 10:18
横手のかまくらは
400年以上の歴史があるのですね
雪ばかり・・・
でも素敵な楽しみ方があり
素敵なイベントだと思いました
ジュン
2018/03/20 12:04
かまくらの形はコロンとしていて可愛いですね。
横手のかまくら館、遊びに行ったことが有りますが、子供が大喜びでした。
「入ってたんせ」の言葉が優しく響きますね
クリム
2018/03/20 16:59
ミクミティさん、コメントありがとうございます。
伝統を守るだけでなく、現代的にアレンジしていくことも大切ですよね。
降魔成道
2018/03/21 20:02
トトパパさん、コメントありがとうございます。
かまくらではお餅はありませんが、甘酒をふるまってくれます。まあ私が行った時間は終わってましたが。次回はもっと早い時間に行ってみたいです。

降魔成道
2018/03/21 20:38
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
かまくらの中は結構広いですよ。ぜひ一度横手までお出で下さい。でも「出前かまくら」と言うサービスもやってますよ。
降魔成道
2018/03/21 21:01
今晩は。
横手のかまくらは有名ですね。
まだ、一度も見たことも行ったこともありません。
一度はかまくらを見て、中に入ってみたいと思います。
寒いのかなあ〜?
ロシアンブルー
2018/03/21 22:11
アルクノさん、コメントありがとうございます。
かまくらは曜日に関係なく決まっています。考えてみれば、秋田県のお祭りは曜日に関係なく日にちが固定されているのが多いですね。もちろん第二日曜日とその前日のように決められて、土日に行われる祭りも色々ありますが。
 横手は久保田藩の南の重要拠点で、幕府の一国一城令があったにも関わらず、横手城の保持が認められました。城下町が形成されて多くの武士も住んでいて、武士の作るかまくらと町民の作るかまくらにそれぞれ特徴があったと伝えられています。また時代による形状の変化もあるようで、調べてみるとなかなか面白いです。
秋田県の日照時間が全都道府県で最も短いことが秋田の女性が色白である理由としてよく上げられますね。その他に雄物川が弱酸性で、それが化粧水と同レベルだそうで、天然の化粧水を常時使っているのも理由の一つだとか。真相はよくわかりませんが。
降魔成道
2018/03/22 20:23
Yoshiさん、コメントありがとうございます。
北海道でもかまくらは作られていのですね。まあ雪国であれば何処でも可能なわけですが。かまくらは発祥も語源もよくわかっていないんですよ。民衆の風習として伝えられているので、公的な資料が少ないのです。秋田県では江戸時代初期には始まってますが、自発的に始まったのか、他所から伝わったのかもわかりません。かまくらと言う言葉の語源も諸説ありますが、こじつけっぽいのばかりで真相は不明です。ブログ記事にも書いたように新潟県では「ほんやら洞」と全く異なる言葉で同様のイベントが行われているし、秋田県には角館の「火振りかまくら」のように同じかまくらと言う言葉を使って横手のと全く異なるイベントが行われていたり、謎だらけです。
降魔成道
2018/03/25 18:46
はるるさん、コメントありがとうございます。
かまくらは風避けになりますから外よりは体感温度が暖かいと思いますけどね。イルミネーションなど現代風アレンジも良いですよね。
降魔成道
2018/03/25 19:12
トンキチさん、コメントありがとうございます。
今回は訪れませんでしたが、横手城の会場のかまくらのライトアップが一番綺麗だったと覚えています。また訪れてみたいものです。土日に当たってくれないと無理ですが。
降魔成道
2018/03/25 19:44
すーちんさん、コメントありがとうございます。
かまくら職人さん、いますよ。昔は町内単位で作っていたようで、それぞれ特色があったようです。現代では社会の変化に伴ってそうもいかなくなったようですが。
降魔成道
2018/03/25 20:06
ジュンさん、コメントありがとうございます。
雪国には雪国ならではの文化があるのですね。
降魔成道
2018/03/26 19:57
クリムさん、コメントありがとうございます。
「入ってたんせ」は秋田の県南の方言です。全般的に県南の方言は優しい感じがして私は好きです。
降魔成道
2018/03/26 20:07
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
かまくらは風避けになりますが、中が暖かいと言うことはありません。でも中で甘酒をふるまってもらうと気持ちは温かくなります。平日ではなく、土日の休日にまた当たって欲しいです。
降魔成道
2018/03/26 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
横手のかまくら 降魔成道のオフタイム2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる