降魔成道のオフタイム2

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶴岡

<<   作成日時 : 2018/01/25 21:19   >>

ナイス ブログ気持玉 81 / トラックバック 5 / コメント 24

 羽黒を立て、鶴が岡の城下、長山氏重行と云物のふの家にむかへられて、俳諧一巻有。左吉も共に送りぬ。川舟に乗て、酒田の湊に下る。淵庵不玉と云医師の許を宿とす。

 あつみ山や吹浦かけて夕すヾみ
 暑き日を海にいれたり最上川

************************************

 1月3日(水)、雪の羽黒山を歩いたが、その続き。
 鶴岡市羽黒町手向(とうげ)は羽黒山の麓に広がる門前町の地名である。ここには多くの宿坊や小さな社寺が並ぶ。この地域の民家の玄関上に不思議な綱飾りがあった。不思議に思ったので雪かきしていた地域の人に尋ねてみたところ、親切に教えて下さった。またその情報を元にネット検索してみた。
 毎年、大晦日から元旦にかけて「羽黒山松例祭」がこの地域で行われている。天下泰平・五穀豊穣・家内安全などを祈願する羽黒山の例祭で、重要無形民俗文化財にも指定されている祭りである。様々な神事が執り行われるが、そのクライマックスである「大松明引き」で使われた引き綱が分けられて元旦に玄関先に飾られるそうである。一度泊まり掛けで見学してみたいものである。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

結局行きで降りたのと同じ停留所でバスに乗って鶴岡駅前方面へ戻った。
画像

画像


真言宗豊山派 新山龍覚寺
東北三十六不動尊霊場第5番札所である。
鶴ヶ岡城の鬼門(北東)に位置することから鬼門鎮護の寺院として重視された。
画像

画像

画像

藤沢周平「蝉しぐれ」で、藩内の陰謀により切腹させられた父の遺体を引き取りに文四郎が訪れた龍興寺は、ここ龍覚寺がモデルと言われている。
画像

画像


山王日枝神社
鶴岡で最も古い神社と言われている。
画像

画像

画像


「おくのほそ道」の本文にも出てくる長山邸の跡。特に何も残っていないが。
画像

画像


JR鶴岡駅 これは朝到着時に撮影したもの。
画像

画像

 羽黒山から鶴岡駅に戻ったのは16時頃だったが、駅は大層混雑していた。日本海側を襲った暴風雪の影響で羽越本線はダイヤが狂い、12時台の特急「いなほ」や普通列車がまだ到着していない状況だった。羽黒山を歩いていたときも風が妙に強いと思ったが、まさか列車にこれ程の影響が出ていたとは思いもしなかった。秋田に帰る最終便にはまだ4時間以上あったので湯野浜温泉などにでも行ってみようかと思っていたのだが、列車がこんな状況ではどうにもならない。駅でひたすら待って、17時頃に来た酒田行きに乗り秋田に帰った。




おくのほそ道紀行
鹽竈神社 平成30年1月1日訪問
松島 平成30年1月1日訪問
平泉 中尊寺と毛越寺 平成29年8月13日訪問
立石寺の秋 平成29年10月1日訪問
新庄 平成29年8月26日訪問
羽黒山 平成30年1月3日訪問
鶴岡 平成30年1月3日訪問

東北三十六不動尊霊場
第1番札所 慈恩宗 瑞宝山本山慈恩寺  平成29年8月14日巡礼
第5番札所 真言宗豊山派 新山龍覚寺 平成30年1月3日巡礼
第6番札所 羽黒山修験本宗 羽黒山荒沢寺正善院 平成30年1月3日巡礼
第11番札所 真言宗智山派 日王山玉蔵寺 平成29年5月2日巡礼
第12番札所 真言宗智山派 医王山遍照院 平成29年5月3日巡礼
第13番札所 真言宗智山派 古懸山国上寺 平成29年11月4日巡礼
第14番札所 高野山真言宗 神岡山大円寺 平成29年11月4日巡礼
第15番札所 真言宗智山派 金剛山最勝院 平成29年11月4日巡礼
第17番札所 真言宗智山派 成田山青森寺 平成29年11月5日巡礼
第18番札所 全仏山青龍寺 平成29年11月5日巡礼
第20番札所 真言宗智山派 玉王山長根寺 平成29年9月10日巡礼
第23番札所 天台宗 真鏡山達谷西光寺  平成29年8月13日巡礼
第28番札所 臨済宗妙心寺派 青龍山瑞巌寺五大堂 平成30年1月1日巡礼

羽越本線
鶴岡・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋田

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 81
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
立石寺の新春
 1月7日(日)、立石寺を訪れた。昨年10月1日に秋の立石寺を参拝したが、今回は雪景色を見たくなたので。 ...続きを見る
降魔成道のオフタイム2
2018/02/01 21:31
掛魚まつり
 2月4日(日)、にかほ市金浦の掛魚(かけよ)まつりを見学した。 ...続きを見る
降魔成道のオフタイム2
2018/02/26 20:40
壷の碑
壷碑 市川村多賀城に有。 つぼの石ぶみは高サ六尺餘、横三尺斗歟。苔を穿て文字幽也。四維国界之数里をしるす。此城、神亀元年、按察使鎮守府将軍大野朝臣東人之所置也。天平宝字六年参議東海東山節度使同将軍恵美朝臣修造而、十二月朔日と有。聖武皇帝の御時に当れり。むかしよりよみ置る哥枕、おほく語傳ふといへども、山崩川流て道あらたまり、石は埋て土にかくれ、木は老て若木にかはれば、時移り代変じて、其跡たしかならぬ事のみを、爰に至りて疑なき千歳の記念、今眼前に古人の心を閲す。行脚の一徳、存命の悦び、羈旅の... ...続きを見る
降魔成道のオフタイム2
2018/08/15 21:58
末の松山
 それより野田の玉川・沖の石を尋ぬ。末の松山は、寺を造て末松山といふ。松のあひゝ皆墓はらにて、はねをかはし枝をつらぬる契の末も、終はかくのごときと、悲しさも増りて、塩がまの浦に入相のかねを聞。五月雨の空聊はれて、夕月夜幽に、籬が島もほど近し。蜑の小舟こぎつれて、肴わかつ声ゝに、「つなでかなしも」とよみけん心もしられて、いとゞ哀也。其夜盲法師の琵琶をならして、奥上るりと云ものをかたる。平家にもあらず、舞にもあらず、ひなびたる調子うち上て、枕ちかうかしましけれど、さすがに辺土の遺風忘れざるもの... ...続きを見る
降魔成道のオフタイム2
2018/08/19 22:01
山形巡礼の旅
 8月19日(日)、山形市を訪れた。8月11日(土)の予定だったが、大雨の影響で奥羽本線の秋田山形両県の県境が運休し、急きょ変更して宮城県多賀城市に向かって芭蕉の足跡を訪ね歩いたことは8月15日19日のブログに書いた通りである。秋田から始発の奥羽本線新庄行に乗り、新庄発山形行に乗り継ぎ、羽前千歳で下車した。折り畳み式自転車を持参したのはいつものこと。 ...続きを見る
降魔成道のオフタイム2
2018/09/12 20:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

鶴岡市ですか。
昔、中学の同級生が鶴岡に行ったことを思い出します。
それから全然会ってないので、今もいるかどうかわからないですが。
そうそう!
鶴岡といえば藤沢周平ですね!
トトパパ
2018/01/26 09:52
若い頃、藤沢周平の時代小説に嵌まっていました、「蝉しぐれ」も多分呼んだと思いますが、内容は忘れました。
長さん
2018/01/26 11:02
こんにちは。
羽黒山の門前町手向の民家の玄関上の綱飾りはいったい何?って思います。
大晦日から元旦にかけて行われる「羽黒山松例祭」の神事、「大松明引き」で使われた引綱が分けられ、元旦に玄関先に飾られるのですね。
東北は祭りに篤い土地柄ですが、この羽黒山の例祭も重要無形民俗文化財という由緒あるもので、五穀豊穣、家内安全など祈願する住人の思いが伝わります。
いろんな風習や神事がありますが、「大松明引き」の神事、見学してみたいです。
トンキチ
2018/01/26 11:11
今日は
雪深いですね
松明の引き縄が
玄関先に飾られるとは
不思議ですね〜
すーちん
2018/01/26 11:46
こんにちは

奥の細道紀行
雪の風情も
また格別なものがあります
無門
2018/01/26 17:39
こんばんは。
雪深い景色綺麗ですね。
網飾り、厳かな感じがします。
それぞれの土地でいろいろな風習がありますね。
ゴンマック
2018/01/27 00:24
大松明引き で使われた綱が それぞれの
お宅の玄関に 飾られて とても 御利益
がありそうですね。真ん中の 黒い房の様
な飾りが 気になります。
土地の方にとっては 困ったものでしょうが
雪の風景は やはり 素晴らしい眺めです。
フラバーバ
2018/01/27 10:58
鶴岡や羽黒山へは子供の頃から何度も訪れています。父のふるさとだから。
ブログにも書いたことがあります。でも、私は夏しか訪れたことがなくて。冬の荘内を知らないのです。
この時期に一度行かなくては何度か思うのですが、やはり大変そうですね。
ミクミティ
2018/01/27 17:34
こんばんは。
鶴岡も雪景色ですね。
大松明引きの引綱が分けられ、飾り付けられるのも珍しいですね。
藤沢周平の『蝉しぐれ』はテレビで見ました。
暴風雪に遭い、大変でしたね、お疲れ様です。
ロシアンブルー
2018/01/27 20:27
こんにちは。
羽黒山の大松明引きで使われた引き綱が分けらて、玄関先に飾るのは面白い風習だと思います。地域により独特の行事があるでしょうね。新山龍覚寺や山王日枝神社の雪景色は風情があります。おくのほそ道紀行や東北三十六不動尊霊場の参拝記録を拝見しました。沢山の霊場を参拝されて御朱印も記帳され素晴らしいです。
華の熟年
2018/01/29 12:13
「大松明引き」で使われた引き綱が分けられて
元旦に玄関先に飾られる
色々な風習があり面白いと思いました
雪景色も綺麗ですね
ジュン
2018/01/29 14:22
トトパパさん、コメントありがとうございます。
鶴岡と言えば藤沢周平ですね。鶴ヶ岡城址の鶴岡公園には藤沢周平記念館があります。今回は時間的寄りませんでしたが、次回はまた入館してみたいです。
降魔成道
2018/01/29 19:52
長さん、コメントありがとうございます。
私も藤沢周平の作品を結構読みました。
好きな作家の一人です。
降魔成道
2018/01/29 20:10
「大松明引き」で使われた引き綱が分けられ、元旦に玄関先に飾られるとの事。
写真の髪の毛の様なものはなんですか?
動物の尻尾のようにも見えます。
この引き綱、1月15日に取り外すのでしょうか?

これは3日ですか?
初詣もゆっくりお参り出来そうでいいですね。
普通の雪景色でしょうけど、私には羨ましい限りです。
現地の方にとって大変な面もあるとは思いますが、
東京が積雪23センチで大騒ぎするのとは対照的です。
アルクノ
2018/01/31 17:35
トンキチさん、コメントありがとうございます。
行きは正善院前でバスから下車し、参拝して御朱印をいただいた後は心が羽黒山に向かい、綱飾りには全く気付きませんでした。帰りはバス時間に余裕があったので歩いて下山し、門前町をぶらぶらしたことが結果的にとても良かったと思ってます。バスで下山したら何も気付かずに通り過ぎていたでしょうね。羽黒山松例祭には絶対に行ってみたいです。
降魔成道
2018/02/03 19:02
すーちんさん、コメントありがとうございます。
家に掲げられた綱飾りにも家内安全などの意味があるようですよ。
降魔成道
2018/02/04 20:01
無門さん、コメントありがとうございます。
本当は芭蕉と同じ時期に旅してみたいのですが、給与所得者にはなかなか難しいです。定年退職後なら時間は出来ますが、体力的にどうかな。今できる範囲で楽しんでます。
降魔成道
2018/02/04 20:15
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
全国には様々な風習があって面白いですよね。この様な文化は大切に継承していって欲しいものです。ここを歩けて私も幸せです。
降魔成道
2018/02/04 20:28
フラバーバさん、コメントありがとうございます。
ホントご利益ありそうですよね。
ご指摘されるまで黒いのに特に関心を持ちませんでした。これは何なのでしょうね。調べてみないといけませんね。
降魔成道
2018/02/04 20:51
ミクミティさん、コメントありがとうございます。
名曲「雪の降るまちを」は作曲家の中田喜直が雪降る鶴岡市を訪れて発想を得たそうです。雪降る鶴岡にも是非お越しくださいね。
降魔成道
2018/02/04 21:08
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
綱飾りには私も驚きました。山頂からバスで帰らなくて良かったです。
藤沢周平は好きな作家でして、「蝉しぐれ」をはじめ多くの作品を読んでいます。映画も観ました。
降魔成道
2018/02/05 20:52
華の熟年さん、コメントありがとうございます。
綱飾りは独特の風習ですよね。ずっと継承していって欲しいものですよね。
「おくのほそ道」や「東北三十六不動尊霊場」の記事をご覧になって下さってありがとうございます。楽しみながら旅して回っています。
降魔成道
2018/02/05 21:19
ジュンさん、コメントありがとうございます。
綱飾りは興味深い風習ですよね。羽黒山松例祭には是非とも行ってみたいと思っています。
降魔成道
2018/02/05 21:22
アルクノさん、コメントありがとうございます。
綱飾りの黒いのは何なのでしょうね。ネット検索ではわかりませんでした。でももう少し調べてみようと思います。
雪の山を歩くのも楽しいですよ。
降魔成道
2018/02/05 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶴岡 降魔成道のオフタイム2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる