降魔成道のオフタイム2

アクセスカウンタ

zoom RSS 横手公園周辺散策

<<   作成日時 : 2018/05/31 21:43   >>

ナイス ブログ気持玉 68 / トラックバック 0 / コメント 16

 5月13日(日)、横手市を訪れた。2月15日に「かまくら」を観に行って以来3ヶ月ぶりである。

横手川に架かる学校橋
画像

横手川
 藩政時代、横手川は内町と外町の境界だった。つまり横手城に近い側が内町で、武家屋敷が建ち並んでいた。
画像

 横手の武家屋敷は、戊辰戦争で鶴岡藩・仙台藩の侵攻を受け、大半が焼失してしまったが、横手市羽黒町の辺りは戦禍から免れ、地域の人々の手による保全の活動もあって、なかなかの風情が保たれていた。実は私がここ羽黒町武家屋敷通りに来たのは今回が初めてである。
画像

偶然見付けた石坂洋次郎の家
画像

画像

武家屋敷と言えば黒塀
画像

画像

画像

画像

画像

カエデがとても多い。秋の紅葉はさぞかし見事だろう。その季節に是非また来てみたい。
画像

画像

横手簡易裁判所の芝桜が見頃を迎えていた。
画像

画像

 旧日新館は明治35(1902)年に、旧制横手中学校(現・横手高校)の英語教師として赴任したアメリカ人の住居として建築された洋館である。現在は個人所有となっており、水曜日だけ一般公開されているが、この日は日曜日なため非公開日。あまり立ち入るのも良くないだろうから、入口から1枚だけ撮影させていただいた。
画像

画像

画像

旧日新館からさらに少し歩くと、本多上野介正純の墓がある。
 本多正純は家康の側近で権勢を振るったが、家康が将軍職を秀忠に譲り駿府に移って二元政治が始まると、秀忠側近の不満は正純に集中するようになった。家康没後には家康の遺命で宇都宮藩15万石の加増となってさらに政敵の怨嗟が集中するようになる。1622年、最上氏が改易されて山形城を受け取りに出向いた正純は、ここで糾問の使者を迎えることとなった。宇都宮城に釣天井を仕掛けて秀忠暗殺を図ったとされるいわゆる「宇都宮城釣天井事件」の嫌疑で。この様な仕掛けが実際には存在しないことが判明しているので政敵に図られたのは間違いないだろう。正純は出羽国由利郡5万石へ減封となったが、身に覚えのない正純はこれを拒否し、本多家は改易の上に身柄は佐竹氏に預けられることとなった。佐竹氏が常陸から出羽に転封の際、幕府は当初出羽一国を与えるつもりだったが、それでは多すぎると半分の北羽に、と主張したのが正純とその父・正信だった。佐竹は正純を恨んでいるはず、と考えたようである。だが案外とおっとりした佐竹氏は寛大に迎えて横手城の一角で自由な生活を許した。だがそれを幕府に咎められ、正純は幽閉の身となり、息子・正勝に先立たれ(1630年)、自身も1637年に73歳の生涯を寂しく閉じた。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

陽だまりを 恋しと想う うめもどき 日陰の紅を 見る人もなく
画像

画像

次に向かったのは石坂洋次郎文学記念館
 石坂洋次郎は青森県弘前市出身で、慶應義塾大学文学部を卒業し、大正15(1926)年から昭和13(1938)年まで横手市で教職員として過ごした。出世作となる「若い人」は横手で教員生活しながら書き上げた作品である。「山と川のある町」は正にここ横手を舞台とした作品で、1957年の映画化作品も横手で撮影された。
 資料館の中には書斎を復元したものや、数々の書籍、直筆の手紙などが多数展示されていた。また映画のポスターもたくさんあり、「青い山脈」が5回も映画化されていたことを初めて知った。「陽のあたる坂道」は3回映画化されていて、主演がそれぞれ石原裕次郎、渡哲也、三浦友和と言う豪華さ。小説は読んだが、私は映画化作品はまだ観たことがない。是非観てみたいものだ。
画像

石坂洋次郎が勤めていた秋田県立横手高等女学校(現在の秋田県立横手城南高等学校/女子高であったが、2008年から共学)
画像

そして横手城へ。
画像

画像

 横手城は戊辰戦争で鶴岡藩・仙台藩の猛攻を受けて落城し焼失した。これは昭和40(1965)年に資料館と展望台を兼ねて建設された模擬天守である。
画像

あまりハッキリしないが、鳥海山が見えた。晴れた日だったら、クッキリと見えただろう。
画像

画像

横手公園の一角にある石坂洋次郎先生文学碑
画像

画像

画像

【小さな完成よりもあなたの孕んでいる未完成の方がはるかに大きなものがあることを忘れてはならないと思う】「若い人」の一節。

模擬天守は二の丸跡にあるが、本丸跡には秋田神社。
明治時代に旧藩主を御祭神とする神社の建立がブームとなり、秋田にも秋田神社が建立され、横手にも分祀された。秋田の秋田神社は八幡神社と合祀され、八幡秋田神社として千秋公園に鎮座する。
画像

画像

画像

画像

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 68
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

横手ですか。
色々見応えがありそなところがいっぱいですね。
行ってみたいなぁ。。。
トトパパ
2018/06/01 09:07
こんにちは。
石坂洋次郎さんの作品ここ横手で
生まれたのですね。
かまくらも素敵ですが他にも、見どころ満載ですね。
遠いけれど行ってみたいです
ゴンマック
2018/06/01 09:31
十数年前 横手に車を置いて
大曲駅まで 電車に乗って
大曲の花火を見に行きましたよ。
こんなに素敵な 場所があったのに
花火で 頭が一杯でした。
惜しいことをしたと 今 思いました。
フラバーバ
2018/06/01 15:30
横手市も見所が多いようですね。
7年前、車で東北旅行をした折、秋田ふるさと村に立ち寄り、県立近代美術館で藤城清治の切り絵展を見て、七代目佐藤養助横田店の稲庭うどんを食べたことが思い出されます。
長さん
2018/06/01 15:34
トトパパさん、コメントありがとうございます。
旧跡などを訪ね歩くのも楽しいものです。ネット検索などで調べてみると、結構勉強になったりしますよね
降魔成道
2018/06/01 21:16
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
20歳代から30歳代の若い時期を横手で過ごしたのですから、様々な影響があったのでしょうね。石坂洋次郎の作品、また色々読んでみたいです。
降魔成道
2018/06/01 21:20
フラバーバさん、コメントありがとうございます。
横手に駐車して電車で大曲は良くある手ですね。大曲の花火の時は、まず駐車場が見つかりません。それに道路は大渋滞になるのでクルマでは行かれません。
私は観光ガイドでしっかりと調べるタチではないので、私も見逃した名所は少なくないですよ。でもまあ、それも悪くないかと思っています。
降魔成道
2018/06/01 21:54
長さん、コメントありがとうございます。
7年前に横手に来られましたか。今回初めて羽黒町の武家屋敷通りを散策しました。横手にもまだまだ行っていない場所がたくさんあります。また行ってみたいです。
降魔成道
2018/06/01 22:06
こんにちは

青い山脈
若い人
陽の当たる坂道
青春時代に感動した
作品ばかり
戦後文学の金字塔ですね
横手の風土が生んだものでしょう
無門
2018/06/02 08:11
石坂洋次郎作品の
青春文学が生まれたのですね
横手市かまくらを思い浮かべますが
沢山の見所があるのですね
模擬天守の横手城綺麗ですね
ジュン
2018/06/02 13:41
戦禍から免れた羽黒町武家屋敷ですか。
地域の人々の手による保全活動が続いているのがいいですね。
都会だと全てお役所任せで、文化遺産を自分達で守る気概が無い。
地域の掃除をするだけですね。
今朝も自治会の音頭で8時から1時間、公園の掃除をしてきました^^)

黒塀の内側に大木がある写真、それだけで歴史を感じます。
著名人の墓や建物があって、散策するのにもってこいですね。
石坂洋次郎作品は私も読んだことがあり、映画「陽のあたる坂道」では石原裕次郎主演は十歳の頃、渡哲也主演は二十歳になる前に映画館で観ました。
三浦友和主演は知らないですね。
「青い山脈」を観たのは、調べると1963年版でした。
沢新子役の吉永小百合と、金谷六助役の浜田光夫が印象に残っています。
これらは、今でもレンタルビデオであるような気がします。
アルクノ
2018/06/03 19:31
横手の武家屋敷や、石坂洋次郎の
記念館はとても興味深いです。
ぜひ行ってみたいです!(^^)!
ふーう
2018/06/04 16:25
無門さん、コメントありがとうございます。
石坂洋次郎の作品はどれも名作ですよね。私も若い頃に読みましたが、また読み直してみようかな。
降魔成道
2018/06/04 21:27
ジュンさん、コメントありがとうございます。
横手市は私も結構気に入っている街でして、あちこち歩き回ってしまいます。壇蜜さんの故郷で、綺麗な女性も多いし。
降魔成道
2018/06/04 21:59
アルクノさん、コメントありがとうございます。
横手市羽黒町は普通に人が住んでまして、地域の人で雰囲気を統一しているとのことです。行政任せじゃないのは素晴らしいですよね。
一国一城令があったにも関わらず、久保田藩では久保田城(秋田市)の他、横手城と大館城(大館市)の保持が認められ、横手にも城下町が出来て秋田県南部の中心として栄えました。歴史を感じさせてくれる物も色々とあって結構気に入ってます。
石坂洋次郎の作品は、主なものは読んでますが、映画は1本も観たことがありません。秋田市立図書館の蔵書検索してみたら、視聴覚資料で「青い山脈」は原節子主演の、「陽のあたる坂道」は石原裕次郎主演のがありました。後で観てみようと思います。貸出も出来ますが、多分ビデオカセットなので、私の自宅にはもうビデオデッキはないので、図書館で鑑賞することになりそうです。

降魔成道
2018/06/05 20:28
ふーうさん、コメントありがとうございます。
是非次回の東北旅行では、横手市にもいらして下さいね。
石坂洋次郎文学記念館の入館料はたったの100円です。かまくら館や横手城資料館などにも当日限りで入館出来ます。
降魔成道
2018/06/05 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
横手公園周辺散策 降魔成道のオフタイム2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる