秋田県立小泉潟公園の菖蒲園

 6月30日(日)、秋田市金足の秋田県立小泉潟公園の菖蒲園を訪れた。6月15日(土)にここを訪れたときはまだ早すぎて、あれから2週間、そろそろどうかなと思って再訪した。期待通りハナショウブは見頃を迎えていた。ただ例年より花が少ないように感じる。今年は梅雨入りしてから降雨量が極端に少なく、それが影響したのかも知れない。ここには120種7万株のハナショウブが植えられている。その全てを紹介するのは無理だが、比較的キレイに咲いていたハナショウブを中心に撮影してみた。
 なお水心苑は本格的な林泉回遊式庭園。この日は入園しなかったが、また別の機会に紹介したい。

 ハナショウブの原種は日本全国に普通に自生していたノハナショウブである。平安時代には鑑賞用として栽培されるようになり、室町時代後半~江戸時代前半に品種改良が始まったとされている。ハナショウブは主に江戸系、肥後系、伊勢系に分けられる。その他に山形県長井市で発見された長井古種、明治時代以後に輸出され海外で品種改良されて逆輸入された外国種、あるいはこれらの交配種が存在する。
 江戸ではハナショウブの品種改良が盛んで、多くの品種が開発された。江戸時代後期の旗本の松平定朝は菖翁とも呼ばれ(自ら名乗った?)、ハナショウブの品種改良に大いに貢献した。江戸系は野外で鑑賞するように開発されており、水辺で群生させて楽しむのが基本である。ハナショウブの主流は圧倒的に江戸系であり、庭植えされているハナショウブは、まあ江戸系と考えて問題ない。
 それに対して伊勢系と肥後系は鉢植えで室内鑑賞を目的に開発された。伊勢系は花弁が三枚が垂れた種が多い。今回私が撮影した種では「籬の友」や「紫雲の重」などのその特徴を持つ。肥後系は熊本藩主細川斉護が藩士を菖翁に弟子入りさせて門外不出を条件に習得させた品種で、大柄で花弁が6枚の種が多い。私が撮影した種では「八女姿」や「舞妓」がその特徴を持つ。



 ハナショウブは日本が誇るべき素晴らしい文化だと思う。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月22日 22:27
こんばんは。

花菖蒲園ですか。
綺麗ですね。
今年は花が少ないんですか。
そちらは雨が少ないんですかね。
大阪は雨ばっかりですよ。
降魔成道
2019年07月23日 13:39
トトパパさん、コメントありがとうございます。
東京の方も雨天続きのようですし、東北が異常なのだと思います。生活している分には晴れている方が都合が良いですが、水不足にならないかちょっと心配です。
2019年07月23日 17:55
こんにちは

さすがハナショウブは
和名がぴったり似合いますね
2019年07月23日 19:54
こんばんは。
ハナショウブ、7万株ですか。
凄いですね。お花も名前もとても
可愛いですね。
紫陽花に続き、とても楽しませて頂き
ました。
小桜姫が好きかな。
はるる
2019年07月23日 20:15
花菖蒲も種類がたくさんありますね。
名前は覚えられませんが、どの花も実にきれいです。
降魔成道
2019年07月23日 22:24
無門さん、コメントありがとうございます。
そうですよね。ハナショウブは日本独特の文化ですから、洋風なカタカナの名称ではなく和風の名称が似合いますよね。
降魔成道
2019年07月23日 22:39
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
ハナショウブも本当に種類が多いですよね。
原種のノハナショウブは日本だけでなく中国や朝鮮半島にも自生していますが、中国朝鮮での園芸品種開発は聞いたことがありません。日本だけの文化だと思います。大切にしたいですね。

降魔成道
2019年07月23日 22:47
はるるさん、コメントありがとうございます。
種類が多すぎですよね。バラや洋ランなどもそうですが、幾多の園芸家が心血を注いだ成果なのでしょうね。
2019年07月23日 23:08
7万株の花しょうぶが 植えられているのですか。
皆 咲きそろうと 素晴らしい菖蒲園でしたのに
雨が少なかったのが 残念ですね。
でも 美しい 色々な花を堪能させていただきました。
2019年07月24日 08:03
広い花菖蒲園すばらしいです~。
たくさんの種類がありますね。
ネーミングもすてきですね。
江戸系、伊勢系、肥後系などが
あるのも初めて知りました。
2019年07月24日 08:51
お早うございます
花菖蒲、矢張り
晴天は似合わないですね
『舞子』ですか
袂を想像しますね^^
2019年07月24日 11:05
こんにちは。

気持玉です

広い公園でハナショウブが綺麗に咲いていますね。
その歴史を読み、写真もゆっくり鑑賞させて頂きました。
2019年07月24日 13:44
凄い種類で散策が楽しいです
昔から親しまれて
和の風情にも合った
イメージがし綺麗なお花です
2019年07月24日 17:08
こんにちは♪
沢山の種類の花菖蒲、見事です。
それぞれ粋な名前が付けられていて、咲いている姿も艶やかですね。
私方は、今日梅雨明けしました。
降魔成道
2019年07月24日 17:37
フラバーバさん、コメントありがとうございます。
たくさん植えられていますが、開花の時期は少しずつずれがあるようで、もうすっかり花が枯れてしまったのや、まだ固い蕾もありました。時期によって少しずつ変化するのも楽しいですよね。今年は梅雨入りしてから晴れている日の方が圧倒的に多いです。関東や関西では雨天続きのようですが。
降魔成道
2019年07月24日 17:42
ふーうさん、コメントありがとうございます。
ここ数年、私は毎年この時期にここを訪れています。クマ目撃情報があって菖蒲園が封鎖された年もありましたが、こっそり忍び込んだこともありました。(^^; 江戸系、伊勢系、肥後系の区別があることは、実は私もここで知りました。あとはインターネットや図書館で調べたりして知った内容です。
降魔成道
2019年07月24日 17:44
すーちんさん、コメントありがとうございます。
アジサイと同様に、ハナショウブも雨の似合う花ですよね。
雨露に濡れたハナショウブを撮影してみたかったのですが、叶わぬ夢となりました。また来年ですね。
降魔成道
2019年07月24日 18:27
華の熟年さん、コメントありがとうございます。
ハナショウブも長い歴史がありますよね。多くの人々に愛されて、園芸品種が開発されてきたのだと思うと、またちょっと親しみがわいてきました。
降魔成道
2019年07月24日 18:42
ジュンさん、コメントありがとうございます。
ハナショウブの品種開発の歴史は、西洋のバラや洋ランの品種開発に負けず劣らずの素晴らしいものがありますよね。
和風の名前も良いですよね。
降魔成道
2019年07月24日 18:48
ちまりさん、コメントありがとうございます。
近畿の梅雨入りは平年より遅いものの雨量は多かったですよね。そうですか。梅雨明けしましたか。
北東北は近畿よりも早く梅雨入りしたのに梅雨明けはまだです。しかも空梅雨で雨量は極端に少ないです。どうなっているのでしょうかね。
2019年07月25日 07:26
おはようございます。
花菖蒲はこの時期を代表する高尚な花で、とてもきれいな咲き姿ですね。
日本では四季折々、いろんな花が咲くのですが、特に花菖蒲は手がかかりそうです。
一度行ったことのある近郊の花菖蒲園は閉園になったと聞きました。
その理由は知らないのですが、想像するに経営難かも知れません。
つまり、客足が少ないのではないかということです。
こういう園を維持するのに人手と労力がかかるため、なかなか採算が合わないのかも。
花菖蒲について、その歴史や江戸系・伊勢系・肥後系などの品種の由来など、大いに知識を学ばせていただきました。
いつも本当にありがとうございます。
今日は、これからぶらっと京都に出向いてみようと思います。
2019年07月25日 09:34
花菖蒲、種類が多く鮮やかで絵になりますね。
花菖蒲は仰るように基本は江戸系で、松平定朝が旗本である身分を活用したのか、60年間にわたり300近い品種を作出したのは凄い事です。
伊勢系や肥後系は、その地域で品種改良された室内鑑賞向けで、分かり易く体系的に分類されていますね。
鉢植え用の伊勢系や肥後系も少し植えられていますが、華やかな江戸系が圧倒しています。
長井系は原種に近い古種とされ、その品種のうち13品種は長井市指定天然記念物となっているようです。
2019年07月25日 15:35
こんにちは~
梅雨明けしたと報じられて、
今日はテレビでは熱中症注意が
呼びかけられています。
今年は、花しょうぶを楽しみに
行くことが出来なくて、皆様の
お花で楽しませていただいています。
花しょうぶが120種も育てられて
いるのですね。ビックリです。
雨が少なくて残念でしたね。
でも、私は色々な花とネーミングで
楽しませていただきました。
いつもありがとうございます。
降魔成道
2019年07月25日 18:03
トンキチさん、コメントありがとうございます。
ハナショウブは手がかかるのですか。そこまでは考えてもみませんでした。ここは県立公園で、県が指定した業者が整備しています。入園無料で私は咲いている花を楽しむだけでした。京都のブログ記事が楽しみです。

降魔成道
2019年07月25日 18:13
アルクノさん、コメントありがとうございます。
さすがはアルクノさん、お詳しいですね。長井古種が発見された長井あやめ公園はまだ訪れたことがないので、ぜひ訪れてみたいです。でも今年はもう咲いている時期が過ぎてしまったので、来年ですね。13品種をぜひ見てみたいです。
降魔成道
2019年07月25日 18:20
つむぎさん、コメントありがとうございます。
こちらはまだ梅雨明けしていません。雨は殆ど降っていないのに、不思議な現象です。
でもやはり季節の花は良いですよね。ここも毎年訪れていますが、来年も来てもみようと思っています。
ロシアンブルー
2019年07月25日 22:24
こんばんわ。
広い菖蒲園ですね~。
種類も多く植えられて、似たような色でも違いますね。
日本の花、やっぱりこれから素敵な菖蒲園になりますね。
2019年07月26日 15:04
昨年の夏、話題になった金足にある菖蒲園ですか。
きれいな花が多くて見応えがありますね。
しかも、花の名前が洒落ていて、さすが、
江戸の「粋」を思わせます。写真付きの名札が
あるのも、分かりやすくていいですね。
降魔成道
2019年07月26日 18:50
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
ハナショウブはホント種類が多いですよね。こうしてじっくりと観ながら撮影して歩くのも楽しいものです。品種開発はこれからも続くのでしょうね。
降魔成道
2019年07月26日 18:52
yasuhikoさん、コメントありがとうございます。
写真付きの名札が付いていることはとてもありがたいです。私もハナショウブに詳しいわけではないので、花を見ただけで名前を当てることはできませんから。和風の名前も良いですよね。

この記事へのトラックバック