横手市増田~蔵の日

 10月6日(日)、秋田県横手市増田町を訪れた。増田は横手盆地の南西にあり、雄物川水系の成瀬川と皆瀬川の合流点に位置し、古来から物資の集散地として栄えた。戦乱の世が終わり商品経済が発達した藩政時代には益々栄え、明治時代に入ってからも増田商人によっていくつもの近代企業が設立された。その一つの増田銀行は現在秋田市に本店を置く北都銀行のルーツである。
 鉄道敷設と物流網の再編によって増田は取り残された一面があるが、逆に江戸時代後期から明治時代初期に建築された増田商人の蔵が数多く残った。増田の蔵の特徴は内蔵で、蔵を覆うようにその外に屋根や外壁があることである。この辺りは豪雪地帯ゆえの対策で、母屋から外に出ずに蔵に直接行くことができる。400メートルほどの通りに40件の内蔵のある商家が軒を連ねていて、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。平成29(2017)年、吉永小百合さん出演の「大人の休日倶楽部」のCMの舞台となった。
 この日は「増田 蔵の日」。見学は通常は蔵ごとに無料、200円、300円などとなっていて全部見学すれば結構な出費となるが、この日は共通入場券500円で全ての蔵を見学できる。その他にも色々とイベントが行われていた。IMG_5505.JPG

IMG_5506.JPG

 まずは最初に訪れた蔵は「日の丸酒造」。元禄2(1689)年創業の酒蔵。「まんさくの花」は「日の丸酒造」の代表銘柄。昭和56(1981)年のNHK連続テレビ小説で秋田県横手市を舞台とした「まんさくの花」放映を機会に誕生した。
 中央上部に吊るされているのは杉玉あるいは酒林と呼ばれる物で、新酒が出来たときに緑の杉玉が吊るされる。そしてその色の変化が新酒の熟成度合を示すとされている。

日の丸酒造HP

酒蔵はいつもわくわくさせられる。
IMG_5509.JPG





酒米、正確には酒造好適米は一般に食用として食べられているコメに比べて稈長(稲の丈)がかなり高く、特に強風には弱いために様々な工夫が必要である。横手盆地の稲作農家も様々な研究をされておられるようだ。
IMG_5511.JPG

 安政6(1859)年に備前で発見され、現在も9割は岡山県産である。酒造好適米として各地で交配種として利用され、現在の酒造好適米の2/3は雄町の系統である。
IMG_5512.JPG

IMG_5513.JPG

IMG_5514.JPG


IMG_5516.JPG

日の丸酒造の内蔵
IMG_5517.JPG


IMG_5519.JPG


IMG_5521.JPG

IMG_5522.JPG

IMG_5523.JPG

IMG_5524.JPG

IMG_5525.JPG

IMG_5526.JPG

IMG_5527.JPG

IMG_5528.JPG

IMG_5529.JPG

IMG_5530.JPG

IMG_5531.JPG

IMG_5532.JPG

IMG_5533.JPG

 日の丸酒造で、グラスの形状による味わいの違いについての講座が行われていた。実際に様々な形状のグラスに注いだ日本酒の香りや味を比較試飲してみたが、驚くほど違いが実感できた。図にあるように、ワイングラスは香りを味わうには一番である。しかし舌の一部でしか味わうことができない。良く知られているように、舌の部分によって甘味、苦味、酸味などの強く感じる部分は異なる。おちょこで飲むと舌の全ての部分で総合的に味わうことができる。実際に飲み比べて本当に驚かされた。その晩から私はおちょこで酒を飲むようにしている。この時、横手市のコミュニティー放送「横手かまくらFM」の取材を受けた。インタビューを受けて3~5分位のやり取りして、放送に使わせてもらうとのことだったが、残念ながら私は聴いていないので実際にオンエアされたかどうか知らない。

IMG_5534.JPGIMG_5535.JPG

 次に訪れたのが升川商店。
IMG_5536.JPG

IMG_5537.JPG

IMG_5538.JPG

升川商店の内蔵

IMG_5540.JPG

IMG_5541.JPG
高橋茶舗
IMG_5542.JPG

IMG_5543.JPG

ここの内蔵がポスターに使われたとの話だった。
IMG_5544.JPG

IMG_5545.JPG

IMG_5547.JPG


IMG_5548.JPG

蔵の扉はこのようになっている。
IMG_5550.JPG

次いで石直商店 地元、増田中学校の生徒たちがボランティアガイドしていた。これも授業の一環だろう。よい取り組みだと思う。


IMG_5551.JPG


IMG_5552.JPG




IMG_5554.JPG


IMG_5555.JPG

笛の音色が聞こえてきた。

IMG_5556.JPG


通りはこんな感じ。IMG_5557.JPG


佐藤三十郎家IMG_5558.JPG


IMG_5559.JPG

IMG_5560.JPG


IMG_5561.JPG

IMG_5562.JPG

再び通りで
IMG_5563.JPG

IMG_5564.JPG

IMG_5565.JPG

村田薬舗
IMG_5566.JPG

IMG_5567.JPG


IMG_5568.JPG


IMG_5569.JPG


IMG_5570.JPG


IMG_5571.JPG


IMG_5572.JPG


IMG_5573.JPG


IMG_5574.JPG


IMG_5575.JPG


IMG_5576.JPG


IMG_5577.JPG


IMG_5578.JPG


IMG_5579.JPG



IMG_5580.JPG


コンサートがあるらしい。IMG_5581.JPG


IMG_5582.JPG


IMG_5583.JPG


IMG_5584.JPG

佐藤又六家

IMG_5585.JPG


IMG_5586.JPG


IMG_5587.JPG


IMG_5588.JPG


IMG_5589.JPG


IMG_5590.JPG


IMG_5591.JPG


IMG_5592.JPG


IMG_5593.JPG


IMG_5594.JPG


IMG_5595.JPG


IMG_5596.JPG


IMG_5597.JPG


IMG_5598.JPG

今も現役で動いている明治4年購入の時計
IMG_5599.JPG

増田の朝市は毎月2,5,9,12,15,19,22,25,29日に開催されている。
IMG_5600.JPG


IMG_5601.JPG


IMG_5602.JPG


IMG_5603.JPG


冒頭にも書いたが、北都銀行のルーツは増田に本店を置いた増田銀行である。商号を羽後銀行に変えて横手市、そして秋田市に本店を移し、秋田あけぼの銀行を合併して北都銀行に商号変更した。
IMG_5604.JPG

IMG_5605.JPG


IMG_5606.JPG


IMG_5607.JPG

そして蔵街のそばにある増田まんが美術館に寄ってみた。
現在はマンガをテーマにした美術館が各地にあるが、その最初のまんが美術館はここ増田まんが美術館である。「釣りキチ三平」の作者・矢口高雄はここ増田出身で、その偉業を記念して平成7(1995)年に公民館や図書館、郷土資料館などを併設する形でオープンした。そして今年5月に併設ではなく単体のまんが美術館としてリニューアルオープンした。現在は「オノ・ナツメ展」開催中。増田まんが美術館は入場無料だが、「オノ・ナツメ展」は700円。蔵の日のこの日だけ500円だった。

横手市増田まんが美術館HP
IMG_5608.JPG

IMG_5609.JPG

IMG_5610.JPG

IMG_5611.JPG

IMG_5612.JPG


IMG_5613.JPG


IMG_5614.JPG


マンガ図書館があった。
こんなところで一日中マンガを読むのも贅沢な時間の過ごし方かも知れない。IMG_5615.JPG


「オノ・ナツメ展」では未発表作品が展示されたコーナーもあり、そこだけが撮影不可だった。IMG_5616.JPG

私はあまりマンガ雑誌を読まないのでオノナツメさんについては名前くらいしか知らなかった。来館者は女性ばかりだったので、女性に人気のある漫画家なのだろう。
IMG_5617.JPG

IMG_5618.JPG


IMG_5619.JPG


IMG_5620.JPG

IMG_5621.JPG


IMG_5622.JPG


IMG_5623.JPG


IMG_5624.JPG


IMG_5625.JPG

IMG_5626.JPG

IMG_5627.JPG


IMG_5628.JPG


IMG_5629.JPG


IMG_5630.JPG


IMG_5631.JPG


IMG_5632.JPG


IMG_5633.JPG


IMG_5634.JPG


IMG_5635.JPG

IMG_5636.JPG

IMG_5637.JPG

IMG_5638.JPG

IMG_5639.JPG

IMG_5640.JPG


IMG_5641.JPG


IMG_5642.JPG


IMG_5643.JPG

IMG_5644.JPG

私が訪れたときはラストオーダーの時刻を過ぎていた。残念。
IMG_5645.JPG

IMG_5646.JPG

IMG_5647.JPG

IMG_5648.JPG

男子トイレ前IMG_5649.JPG

女子トイレ前
 女子トイレ前でカメラを構えるとは我ながら大胆なことをしたものだ。一歩間違えれば変質者として捕まっていたかも知れない。IMG_5650.JPG

IMG_5651.JPG

「釣りキチ三平」のコミック全巻がここに揃っていた。私も一部しか読んだことがなく、一度じっくりと全話読んでみたいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年11月16日 01:33
こんばんは

横手ですか。
蔵の街なんですね。
いい感じですね。
いいですね〜こういう雰囲気。
あ、釣りキチ三平!めっちゃ好きでした。
2019年11月16日 07:31
オノ・ナツメさんのことは知りませんでしたが、
描かれた絵を見ていると、背筋がスーッと上に
引き上げられるような気持ち良さが感じられました。
良いですね!
2019年11月17日 06:46
おはようございます。
横手市の増田、素晴らしい街並みです。
内蔵のある商家が建ち並び、往時の繁栄を物語っていますね。
日の丸酒造のまんさくの花、いつか味わいたいものです。
数々の商家の蔵には、それぞれの歴史が刻み込まれていますね。
まんが美術館の立派さに驚きました。
降魔成道
2019年11月17日 17:04
トトパパさん、コメントありがとうございます。
蔵の街は多分昔は各地にあったと思うのですが、この様にまとまって現存している街は数少ないでしょうね。これからも守って欲しいものです。
私も釣りキチ三平が好きでした。子供の頃、その影響で釣りしてました。
降魔成道
2019年11月17日 17:38
ポジティブオーラさん、コメントありがとうございます。
私もオノ・ナツメさんについては殆ど知りませんでしたが、ポジティブオーラさんと同じような印象を持ちました。作品自体は読んだことがないので、読んでみたいものです。
降魔成道
2019年11月17日 21:12
トンキチさん、コメントありがとうございます。
商家の並んだエリアは、昔は多かったと思うのですが、明治時代以来の近代化で失われたのではないかと思っています。増田は急速な近代化から免れたためにここは古い商家が残ったのではないでしょうか。商家が持つ品々を見ても、この辺りが本当に裕福だったことがわかりますね。
2019年11月18日 10:16
おはようございます。
日本酒愛好家にとっては、蔵巡り、たまらない催しでしょうね。
こちら、飛騨高山にも冬の時期に開催されています。一度訪ねたことがありますが、何しろ下戸ですので(笑)
記事から拝見すると、降魔成道さんは上戸のようですね☆
夫はいつも「寒い地方のお酒は最高だ!」と言って、秋田地方のお酒も嗜んでいますよ。
酒米の山田錦は知っています。
私も漫画本はあまり興味が無くて。。
はるる
2019年11月18日 19:17
蔵の日、酒蔵なんですね。
これは見所満載で楽しかったでしょう。
そして美術館も鑑賞されて、すてきな日になりました。
いいものをご覧になると、目の保養、いろいろプラスになりますね。
降魔成道
2019年11月19日 18:30
ハーモニーさん、コメントありがとうございます。
はい、私は日本酒大好きです。若いころのようには量は飲めなくなりましたけどね。量より質を求めるようになりました。日本酒の醸造過程で発酵し過ぎないように雪で冷まして温度管理する方法があります。現在はコンピュータで温度管理などしている近代的蔵元も少なくないですが、小さい蔵元では今でも雪を利用しているところも少なくないです。雪国の酒の旨さはそんなところにありそうです。
降魔成道
2019年11月19日 18:41
はるるさん、コメントありがとうございます。
酒蔵だけではないのですが、蔵めぐりは楽しかったです。
私は「釣りキチ三平」が好きだったので、まんが美術館も楽しかったです。
2019年11月20日 10:38
こんにちは
蔵の日というのが
あるんですね~
いろんなものが見れて良い
ですね
試飲もできるし^^
2019年11月21日 00:49
こんばんは。
酒蔵をゆっくり回ってみたいですね。本当にワクワクします。
もう年のなのであまり飲めませんが日本酒大好きです。
雪国のお酒は美味しいですよね。
オノ・ナツメ展、良いですね。独特なタッチの絵がとても
素晴らしいですね。見たかったです。
降魔成道
2019年11月24日 16:56
すーちんさん、コメントありがとうございます。
この地域には多くの商家の蔵が連なっていて、それを一つ一つ巡るのは楽しかったです。でも一部しか訪れることが出来なかったので、また訪れてみたいです。
降魔成道
2019年11月24日 17:06
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
酒蔵を巡るのも楽しいですよね。あの雰囲気は独特な物があります。最近は近代的な工場のような酒造メーカーもありますが。
オノ・ナツメ展もなかなか良かったです。
えのもと
2019年12月01日 05:48
増田の内蔵は、一日中見てても飽きませんね!
日の丸での蔵見学、日本酒の知識も深まり
さらに美味しく頂けたと思われます。(^_^)/
降魔成道
2020年01月26日 18:12
えのもとさん、コメントありがとうございます。
増田の内蔵は素晴らしかったです。午後に訪れたために十分な時間を取れませんでしたが、次回は朝から訪れてみたいです。酒蔵に直行してしまうのは私の習性ですね。(^^;