んだっ鱈にかほ市へ

 1月31日(日)、秋田県にかほ市を訪れた。にかほ市には昨年12月にも訪れている。その時は「にかほミュージアムスタンプラリー」というイベントが目的だった。今回は「んだっ鱈にかほ市へ」という食のイベントが目的。

 にかほ市金浦(このうら)では300年以上続く「掛魚まつり」(かけよまつり)が毎年2月4日に行われる。1年の豊漁を願い、漁業関係者や地元の人々約100人が金浦漁港から約50本の鱈を担いで練り歩き、金浦山神社に奉納する神事である。平成の大合併で秋田県由利郡仁賀保町・金浦町・象潟町が合併してにかほ市が誕生した。この「掛魚まつり」に合わせて、その前の約1ヶ月にわたってにかほ市全域の料理店で自慢の鱈料理を振舞うイベントが平成26(2014)年から始まった。

 「掛魚まつり」は2月4日に固定されているために会社員である私は日曜日に当たらないと行くことが出来ない。2018年に訪れてそれをブログ記事にしているので、よろしければご覧ください。


 お昼に訪れたのは旧仁賀保町の平沢漁港そばにある「キッチンさかなやさん」。にかほミュージアムスタンプラリーで訪れた斎藤宇一郎記念館の裏手にあった。訪れるのは今回が初めてだったが驚かされた。まず店内は鮮魚店のように鮮魚がきれいに並んでいた。この中から好きな魚を選び、焼き物や煮つけなどの調理方法を指定すると定食となって座敷のテーブルに運ばれるというシステムだった。今回は当然のように鱈を選び煮つけにしてもらった。

IMG_9238.JPG

 実際にきた料理は鱈の煮つけの他に鱈汁と白子の刺身が付いていた。どれもとても美味しかった。店内にはカメラを持ち込まなかったのでスマホで撮影。
DSC_0047.jpg

「かみのゆ温泉」? ここに温泉があるとは知らなんだ。温泉マニアとしては次回は入浴せずにはなるまい。

 平沢漁港に寄ってみたら、海に鳥さんがたくさんいた。でもこれはマガモさん? マガモさんは海にも生息してるの?
IMG_9240.JPG

 お昼ご飯を食べてから、実は特に予定がなかった。年末に「にかほミュージアムスタンプラリー」で訪れることが出来なかった「TDK
歴史みらい館」と「フェライト子ども科学館」は日曜日は休館なのでこの日も訪れることが出来ない。そこで由利エリアにある道の駅をドライブがてらに訪れてみることにした。

道の駅 東由利-黄桜の里
 ここでは4月から5月にかけて黄桜が咲き、黄桜まつりが行われる。私は未だ観に来たことがない。もし今春にコロン禍で中止でなければ来てみたい。
IMG_9241.JPG

IMG_9243.JPG


次いで訪れたのが道の駅 清水の里・鳥海郷IMG_9242.JPG

IMG_9244.JPG

 松皮餅はこの地方に伝わる郷土菓子で、アカマツの内樹皮を柔らかくなるまで煮て潰して練り込んだ餡を包んだものである。縁起の良いものとされ祝い事で供される。この地方では、雛祭りでは三色の菱餅(白餅、蓬餅、松皮餅)として作られる風習がある。甘さ控えめで、甘いものが苦手の私でも一つ食べることができた。
IMG_9245.JPG

 夕食はにかほ市象潟のとりみで。こちらも象潟漁港で水揚げされた鮮魚を振舞うお店である。
IMG_9247.JPG

こちらもとても美味しかった。
DSC_0048.jpg

「とりみ」は地図には店名が表示されていないが、この場所にある。

 食のイベントも楽しいものだ。今回は和食の鱈料理ばかり食べたが、ブイヤベースなどの洋食を提供する店もあった。来年もまた別の店も回ってみたい。なお「キッチンさかなやさん」も「とりみ」も素晴らしい店だったので、鱈料理以外も味わってみたいと思った。


東北「道の駅」スタンプラリー(50/163)
秋田県(32/33)
05 はちもり お殿水
09 東由利 黄桜の里
23 清水の里・鳥海郷
29 こさか七滝 樹海ライン
青森県(9/28)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 118

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2021年02月07日 23:47
こんばんは。
美味しそうなお料理ばかり。
鱈づくし、白子のお刺身までついて美味しそうですね。
好きなお魚が選べるというのがいいですね。

松皮餅も甘さ控えめ、素朴な感じの郷土菓子いいですね
漁港でも新鮮なお魚料理、食のイベントもいいですね。
又行きたくなる気持ちわかりますよ。
2021年02月08日 07:39
お早うございます、寒さとコロナの感染防止で冬眠していました、鱈ですか?
同じ日本海ですとその辺も獲れるのですね、小さい時からスケソウ鱈、真鱈、鰊を食べて育ちました、ただ鮮度が良くないと臭みが直ぐ出るんでよね、写真を見て美味しそうでゴックンです。
2021年02月08日 09:47
おはようございます

昔、仕事場が
コロナで有名になった
歌舞伎町の近くでした
矢張り歌舞伎町内に
鮮魚を食べさせてくれる店が
出来たので食べに行ったの
思い出しましたー

2021年02月08日 10:45
「掛魚」で「かけよ」と読ませるんですか。
漁師町らしい勇壮なお祭りですね。
料理店を巻き込んだ一大イベントが開催できたなんて、
羨ましいというか、東京の人間には信じられません。
平和な日常があるっていうのはいいですね。
鱈の煮つけと鱈汁が美味しそうです。

前記事にもコメント入れたかったんですが、
エラー表記ではじかれてしまいました。
雪の時期の動物園もいいなと思いました。
カピバラが可愛かったです。
2021年02月08日 15:51
さかなやさんの 新鮮な 鱈づくしのお料理 美味しそうですね。
鱈といえば 棒鱈しか浮かんでこないですので 生の鱈の煮つけ
鱈汁 どんなお味なのか 私もいただいてみたいです。
夕食の お料理も よだれが出そうです。
海の近くは 魚が美味しくていいですね。
降魔成道
2021年02月08日 21:11
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
タラ料理、実際にとても美味しかったです。本当に新鮮なタラだったのだと思います。松皮餅も素朴な良い感じの菓子でした。こんなのに出逢えるから旅行はやめられませんよね。
2021年02月08日 21:27
「んだっ鱈」という響きがいいですね。
食のイベントでしたか。
鮮魚を選らんでその場で料理してもらうって、いい体験でしょうね。
私はまだありません。本当に新鮮で美味しいことでしょう。
鱈に白子付きがいいですね。
お酒も飲みたくなりそう。
道の駅も行きますから、車でしたよね。
降魔成道
2021年02月09日 19:42
Yoshiさん、コメントありがとうございます。
山形県の酒田市や鶴岡市でも「日本海寒鱈まつり」が行われています。寒タラは北の日本海の共通の食文化なのだと思います。そうですね。タラはきれいな海で獲れた新鮮な物でないと美味しくないですよね。ここのは本当に新鮮でとても美味しかったです。
降魔成道
2021年02月09日 20:18
すーちんさん、コメントありがとうございます。
お魚はやはり新鮮なのが一番ですよね。歌舞伎町にも鮮魚を食べさせてくれるお店があったのですね。(^^♪
降魔成道
2021年02月09日 20:50
yasuhikoさん、コメントありがとうございます。
そうですね。タラを担いで練り歩く様子は生では見たことありませんが、掛魚まつりは結構勇壮です。にかほ市は平成の大合併で三町が合併してできましたが、人口2万4000人ほどの小さな市で、しかも中心地が三ヶ所に分かれているので、市全体で何かをやって一体感を醸し出す必要があったのかも知れません。旧三町にはいずれも漁港があるので、鮮魚を食べさせてくれるお店がたくさんあります。タラ料理のイベントは都合が良かったのだと思います。
エラーは何だったのでしょうね。雪の動物園も楽しかったです。
2021年02月12日 10:18
食のイベントは好きですね
新鮮魚をいただけるのは
考えるだけでもわくわくして来ます
道の駅は滅多に行くことがありませんが
こちらもわくわくしっぱなしです
アカマツの松皮餅
食べたくなります
降魔成道
2021年02月13日 19:22
フラバーバさん、コメントありがとうございます。
キッチンさかなやさんの料理は鮮度が抜群でとても美味しかったです。タラは鮮度が落ちるとすぐに味が落ちる日持ちしない魚なので、棒鱈は保存が目的の干物ですが、これはこれで美味しいと思います。秋田などでは食べられていませんが、京都には棒鱈のお店が多かったと思います身欠きニシンなどもそうですが、冷凍などの保存ができなかった時代に工夫された保存方法で、海のない京都の料理に多いですよね。
降魔成道
2021年02月13日 19:56
ミクミティさん、コメントありがとうございます。
食のイベントも良いものですよね。今年はコロナの影響で山形県の酒田市の日本海寒鱈まつりが中止となり、鶴岡市の日本海寒鱈まつりも大幅に規模縮小となったのでどちらも訪れることが出来ませんでした。そんなわけでというわけでもないのですが、にかほ市のイベントも良かったです。実は私もお酒が欲しかったのですが、運転手は私なのでそれは出来ませんでした。残念です。
降魔成道
2021年02月15日 20:25
ジュンさん、コメントありがとうございます。
新鮮な魚は良いですよね。漁港ならではのイベントだと思います。松皮餅も素朴な感じが良かったです。
2021年02月19日 16:54
「さかなやさん」のシステムが凄いです。
神戸にも中央卸売市場があり、新鮮な魚もありますが、
それを指定の調理方法で目の前に出て来るとは、驚きます。
そのお味も格別なんでしょうね。
松皮餅も知りませんでした。
冷え性に対する効能などから近年注目されているそうですね。
更に「とりみ」
食文化がハイレベルであることを感じます。
降魔成道
2021年02月20日 20:00
アルクノさん、コメントありがとうございます。
キッチンさかなやさんのシステムは珍しいのでしょうかね。私もあまりよく分かりませんが。でも漁港のレストランならではのシステムかと思いました。ちなみのここキッチンさかなやさんは秋田県漁協指定仲買人で地元の金浦漁港で水揚げされた海産物を買い付けして鮮魚店も営んでいます。ご主人は料理好きが高じてこの様な店を始めたとの話でした。
松皮餅は天明の大飢饉のときの生まれたという説や、旧鳥海町・旧矢島町を支配した矢島藩主の生駒氏が高松藩から転封されたときに持ち込んだという説があるようです。どちらも確かな証拠はありませんが。でも素朴な味は良かったです。

この記事へのトラックバック