大潟村干拓博物館

 2月7日(日)、秋田県南秋田郡大潟村を訪れた。目的は生態系公園の鑑賞温室である。寒いので温室の草花に癒されようと思って。男鹿市船越から秋田県道42号男鹿八竜線を走り、まずは道の駅おおがたを訪れた。ちょっと買い物してふと見ると隣の大潟村干拓博物館が開館していた。昨年4月にもここを訪れたが、その時は新型コロナ対策で休館していた。ここは入館したことがないのでせっかくだから入館していることとした。

大潟村干拓博物館

IMG_9311.JPG

IMG_9310.JPG

IMG_9309.JPG

入館無料とはちょっとラッキーかも。IMG_9308.JPG

確認したら撮影自由とのことだった。博物館や資料館はそうであるべきである。

 男鹿半島は男鹿島だった。今から約7000年前から5000年前までは「完新世の気候最温暖期」と呼ばれる時代で、完新世で最も気温が高かった時代である。そのために大陸の氷床が融けて海面が世界的に上昇していた。日本では「縄文海進」と呼ばれる現象が起こっていた時代で、現代より最大で約5メートル海面が上昇していた。内陸部に貝塚が多数発見されているのはそのためである。IMG_9248.JPG

大潟村は日本海より約4メートル低い。
IMG_9249.JPG

IMG_9250.JPG

IMG_9251.JPG

IMG_9252.JPG

八郎潟はかつては海だったので、こんな二枚貝がたくさん見つかるらしい。IMG_9253.JPG

IMG_9254.JPG

IMG_9255.JPG

IMG_9256.JPG

IMG_9257.JPG

IMG_9258.JPG

宍道湖や陣西湖、十三湖、小川原湖みたいにシジミが獲れたのだろうか。
IMG_9259.JPG

IMG_9260.JPG

IMG_9261.JPG

IMG_9262.JPG

IMG_9263.JPG

八郎潟の形成されていく過程もなかなか興味深いものがある。
IMG_9264.JPG

IMG_9265.JPG

IMG_9266.JPG

IMG_9267.JPG

日本ジオパークは秋田県では「男鹿半島・大潟」の他に「八峰白神」「鳥海山・飛島」「ゆざわ」が指定されている。
IMG_9268.JPG

IMG_9269.JPG

 八郎太郎の伝説(三湖伝説)については映像による解説もあり、それも全て鑑賞した。物語のゆかりの地には色々とあるようなので、一度自分なりに巡って調べてみたいと思った。IMG_9270.JPG

点灯しているのが大潟村を囲む堤防
IMG_9271.JPG

IMG_9272.JPG

IMG_9273.JPG

IMG_9274.JPG

IMG_9275.JPG

IMG_9276.JPG

大潟村の水田は一戸あたり10ha。ちなみに日本の平均は1.2ha。大規模で先進的な農業が大潟村では行われている。
IMG_9278.JPG

IMG_9279.JPG

IMG_9280.JPG

IMG_9281.JPG

IMG_9282.JPG

大潟村には多くの鳥類が飛来、あるいは生息している。IMG_9283.JPG

はく製が展示されていた。
IMG_9284.JPG

IMG_9285.JPG

IMG_9286.JPG

IMG_9287.JPG

IMG_9288.JPG

IMG_9289.JPG

IMG_9290.JPG

鳥類だけでなく様々な野生動物も大潟村に侵入しているようだ。IMG_9291.JPG

大潟村では平坦な土地を利用してワールド・ソーラーカー・ラリーが行われている。さすがに昨年は中止となったが、今年は無事に開催されるだろうか。
IMG_9292.JPG

IMG_9297.JPG

IMG_9293.JPG

IMG_9294.JPG

IMG_9295.JPG

IMG_9296.JPG

大潟村の歴史がパネル展示されていた。IMG_9298.JPG

IMG_9299.JPG


IMG_9300.JPG

1960年代に私が生まれた年代でもある。
IMG_9301.JPG

IMG_9302.JPG

IMG_9303.JPG

IMG_9304.JPG

IMG_9305.JPG

IMG_9306.JPG

IMG_9307.JPG


この後に生態系公園を訪れたが、それは次回のブログ記事で。
帰りに大潟村の風景を撮影した。IMG_9418.JPG

IMG_9419.JPG

IMG_9420.JPG

IMG_9421.JPG

最後に「男鹿ふっと観光案内所」付近から撮影した寒風山。標高355メートル。夏はパラグライダーを楽しむ人がたくさん集まっている。IMG_9422.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 109

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2021年02月15日 10:51
こんにちは
公の施設は
何処も閉館多いですからねー
大潟村4メートルも低いんですか
博物館立派ですねー
2021年02月15日 15:29
大きな八郎潟を干拓地にして農業地にするってかなり年数もかかったことでしょうね。
オランダの技術者の方が干拓に携わって大規模な田んぼが作られて現在に至っているということですか。
ソーラーカーレースも面白そうですね。
はるる
2021年02月16日 18:12
温室の花を観賞する前に寄り道ですね。
博物館、いろいろなあものが展示され、鳥のはく製もあるのですか。
外は雪景色ですね。
山々もいいですね。
寒そうですが。
降魔成道
2021年02月16日 20:32
すーちんさん、コメントありがとうございます。
公共施設は閉館が多いですよね。特にそちらは緊急事態宣言発令中ですから。大潟村干拓博物館は期待以上に充実していました。大潟村は堤防を作ってポンプで排水して干拓した土地ですから、低いんですよ。
降魔成道
2021年02月16日 20:47
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
そうですね。八郎潟は海水の混じった汽水でしたから塩分があったので干拓してもすぐには農業できなかったと思います。これも努力のたまものですね。ソーラーカーレースはじつは私はまだ観戦したことがないんですよ。もし今年開催されたら観戦したいと思っています。
ONLY
2021年02月17日 14:37
 残存湖はどうでしたか? もう漁ができなくなったのでしょうか。
降魔成道
2021年02月17日 19:47
はるるさん、コメントありがとうございます。
博物館は大好きです。鳥のはく製がたくさん展示されていました。様々な鳥が大潟村にも生息していたり飛来してくるようです。
降魔成道
2021年02月17日 20:06
ONLYさん、コメントありがとうございます。
八郎潟の残存湖での漁業に状況はよくわかりませんが、ワカサギなどの佃煮が売られていますから、ほぞ細と行われていると思いますよ。
2021年02月19日 17:37
大潟村干拓博物館は、冬季入館無料で、撮影自由ですか。
太っ腹ですね。
地球温暖化による海面上昇に警鐘を鳴らしていますが、
6千年前は今より5mも上昇していた!
となると、この騒ぎは何なの?
地球の歴史からすると、つい先日の事です。
八郎潟がその証人なわけで、大阪平野も関東平野も海底にあった事になる。
でも、海面が5m上昇すると、神戸市と神戸港は水没してしまいます^^;
海面水位の変化で、八郎潟の地形が千変万化ですね。
6千年後、今より5mの海面上昇も考えられます。
標高約300mの土地に住んでいるので安心ですが

干拓の手順も興味深く拝見しました。
ソーラーカーラリーで得た技術で、
地球温暖化防止に寄与する車を開発して欲しいです
2021年02月19日 21:30
八郎潟と男鹿半島の歴史がよく分かって、
興味深かったです。男鹿半島は、昔は
島だったんですね。そこから砂州が伸びて
本土と繋がり、海だった部分が湖になるという
成立パターンでしたか。なるほどという気がします。
この博物館は、内容が充実してますね。
昔々、小学校の国語の教科書に、八郎潟の
干拓の話が載ってました。田畑を増やす素晴らしい
事業という視点での教材だったと思いますが、
ひねくれた小学生だった私は、湖が消えるというのも
少し寂しいかななんて、ぼんやり感じていて…。
降魔成道
2021年02月21日 19:38
アルクノさん、コメントありがとうございます。
私はこんな博物館や資料館を巡るのが好きですが、多くの観光客が訪れるような施設ではないので300円の入場料を徴収しても間違いなく赤字でしょう。村の予算から経費が賄われていると思われるので、特に訪問者の少ないと思われる冬期間は無料にしても大勢に影響がないのだと考えられます。
「縄文海進」で検索していただければより詳しいことを知ることができると思いますが、関東平野の広範囲も大阪平野のほぼ全域も海の中でした。日本列島は今とは全く異なる形状でした。地球は温暖化と寒冷化を繰り返しています。現在の温暖化が果たして人間の活動によるものかどうか議論の余地がありますが、いずれにしてもし海面が5メートルも上昇したら現在なら大変なことになりますよね。
ソーラーカーの技術はもっと応用できると良いですね。
降魔成道
2021年02月22日 19:53
yasuhikoさん、コメントありがとうございます。
日本ジオパークに認定されている地域はどこも地形的に魅力がありますよね。もっと各地を巡ってみたいと思います。
ここの博物館は期待以上に充実していました。展示物は特に変わることはないと思いますが、年1回くらいは訪れてみたいと思います。
八郎潟を干拓したのは良かったのかどうか難しいものがありますよね。終戦直後の食糧難を考えれば食糧増産のために干拓したのは理解できますが、干拓後は逆にコメ余りの時代に突入しましたからね。それに八郎潟の自然を破壊したことは間違いない事実ですからね。