テーマ:鉄道

角館雛めぐり2021

 3月7日(日)、秋田県仙北市角館を訪れた。毎年この時期に行われている「角館雛めぐり」が目的。秋田県内陸部にある仙北市角館は佐竹北家の城下町として栄え、戊辰戦争や太平洋戦争などの戦火から免れた。また角館は仙北地方の中心地であったが、東北地方を南北に貫く奥羽本線のルートから外れたために仙北地方の中心地は大曲に移ったことで明治以後の急速な近…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

宮古市2021

 1月4日(月)、青春18きっぷで岩手県宮古市を訪れた。今回の旅はIGRいわて銀河鉄道と三陸鉄道の鉄印をいただくことと、宮古の復興状況を確認すること。宮古では特に田老地区の被害が大きく、津波遺構たろう観光ホテルを一度実際に見てみたいと思った。ただ計画通りにいかないのが旅というもので、「トラベルはトラブル」を楽しんだ。なおこの日の前日の1…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

津軽鉄道

 12月26日(土)、津軽旅行した。青春18きっぷを利用して、秋田から弘前、五所川原まで行き、五所川原から津軽鉄道でストーブ列車を楽しむ旅である。津軽鉄道は青春18きっぷでは乗車できないので、別途料金が必要である。だが秋田から五所川原まで片道3,080円で往復なら6,160円かかる。青春18きっぷの利用は十分にお得である。ちなみに青春1…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ゑびすさんの個展と男鹿線

 11月29日(日)、秋田市大町で開かれたゑびすさんの第7回個展を訪れた。ゑびすさんは何年も前からのTwitter友で、個展を訪れるのは昨年4月に男鹿市で開かれた第5回個展以来である。ゑびすさんは秋田県内の伝承や古典芸能に深い造詣を持ち、また私と同様に菅江真澄に強い関心を持たれて各地を巡っておられる方で、色々と情報交換などを重ねている関…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

鳥海山ろく線~矢島駅と前郷駅周辺散策

 11月22日(日)、由利高原鉄道鳥海山ろく線を旅行した。実は10月4日(日)にも鳥海山ろく線を鉄道旅している。しかしその時に撮影した写真データを全てミスで削除してしまったのでやり直しの意味もあるが、この鉄道旅自体も楽しかったのが大きい。途中下車しての気ままな旅だが、さすがに前回は別の駅で下車して楽しんだ。  由利高原鉄道は国鉄矢島線…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋田内陸線~浜辺の歌音楽館

 9月27日(日)、あきたホリデーパスを利用して鉄道旅行した。あきたホリデーパスは秋田県内のほぼ全域のJRと秋田内陸線、鳥海山ろく線の乗り降り自由な一日乗車券である。当初の予定は秋田環状線一周。秋田環状線とはまだ一部の人々しか認識していないが、大曲~鷹ノ巣までのJR奥羽本線、鷹巣~角館までの秋田内陸線、角館から大曲までのJR田沢湖線を結…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

JR大湊線完乗~旧海軍・海自の基地

 9月6日(日)、青春18きっぷを使って青森県下北半島の大湊を訪れた。青春18きっぷで5回使用できる。新津に一人で、鳴子温泉に二人で行き、残り2回分をどこに行くか検討した末、まだ訪れたことのない下北半島に行ってみることとした。大湊線は初めての乗車である。 今回の旅程は秋田発    5:27 弘前行  弘前着    7:59弘前発   …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

陸羽東線完乗~鳴子温泉郷

 8月30日(日)、青春18きっぷで鉄道旅行した。今回は宮城県の小牛田駅と山形県の新庄駅を結ぶ陸羽東線。陸羽東線は「奥の細道湯けむりライン」の愛称が付けられている。芭蕉は平泉を訪れた後に象潟に向かうが、概ねこの線路を辿るように西進する。2年前に鳴子温泉駅で下車し、「尿前の関」から「封人の家」に至る出羽仙台街道中山越を行ったが、そちらのブ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

羽越本線完乗~新津鉄道資料館

 8月15日(土)、青春18きっぷを使って羽越本線を終点の秋田駅から起点の新津駅まで乗ってみた。羽越本線は大正13(1924)年に全線開通した。起点の新津駅から終点の秋田駅までの営業キロは271.7km。起終点を含む旅客駅数は60。新津駅は信越本線所属駅で秋田駅は奥羽本線所属駅なので、羽越本線所属駅は58になる。羽越本線は関西から東北を…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

大松川ダム

 7月11日(土)、秋田県横手市の大松川ダムを訪れた。最近はダムを訪れてダムカードを収集したりダムカレーを食べることを新たな趣味となりつつある。今回はその一環として。 ダム堤体上流側 ダム堤体ダム湖流域面積38.15平方km 有効貯水容量11,000,000立方m トンボ発見 ダムから…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more