テーマ:博物館

秋田の石っころ

 3月14日(日)、秋田県立博物館を訪れた。現在開催中の企画展は「秋田の石っころ」。この企画展そのものには特に興味がなかったのだが、思いの他夢中にさせられてしまった。 企画展「秋田の石っころ」令和2年11月21日~令和3年4月4日 秋田県立博物館ホームページ秋田県立博物館公式ホームページ (akihaku.jp) 撮影…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

角館雛めぐり2021

 3月7日(日)、秋田県仙北市角館を訪れた。毎年この時期に行われている「角館雛めぐり」が目的。秋田県内陸部にある仙北市角館は佐竹北家の城下町として栄え、戊辰戦争や太平洋戦争などの戦火から免れた。また角館は仙北地方の中心地であったが、東北地方を南北に貫く奥羽本線のルートから外れたために仙北地方の中心地は大曲に移ったことで明治以後の急速な近…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

大潟村干拓博物館

 2月7日(日)、秋田県南秋田郡大潟村を訪れた。目的は生態系公園の鑑賞温室である。寒いので温室の草花に癒されようと思って。男鹿市船越から秋田県道42号男鹿八竜線を走り、まずは道の駅おおがたを訪れた。ちょっと買い物してふと見ると隣の大潟村干拓博物館が開館していた。昨年4月にもここを訪れたが、その時は新型コロナ対策で休館していた。ここは入館…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

秋田城跡歴史資料館「秋田城と古代貨幣」

 1月10(日)、秋田城跡歴史資料館を訪れた。秋田市では7日に暴風雪となり、その暴風雪が原因で7日から8日にかけて大規模な停電が発生し、さらに8日9日にいきなり50cmもの降雪で除雪が追い付かずに交通がマヒするなどとんでもない日々が続いた。現時点では小路はともかく大体の除雪は済んでだいぶ良くなった。この日は青春18きっぷで最後の鉄道旅行…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

津軽鉄道

 12月26日(土)、津軽旅行した。青春18きっぷを利用して、秋田から弘前、五所川原まで行き、五所川原から津軽鉄道でストーブ列車を楽しむ旅である。津軽鉄道は青春18きっぷでは乗車できないので、別途料金が必要である。だが秋田から五所川原まで片道3,080円で往復なら6,160円かかる。青春18きっぷの利用は十分にお得である。ちなみに青春1…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

にかほミュージアムスタンプラリー

 12月6日(日)、秋田県にかほ市を訪れた。にかほ市では「にかほミュージアムスタンプラリー」が10月1日~12月6日までの日程で開催された。対象施設の5館全てを巡れば抽選でプレゼントが当たるというのもあるが、期間中は全て入館無料というのが嬉しいところ。「象潟郷土資料館」と「白瀬南極探検隊記念館」は何度か入館しているがその他は未だだったの…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

大館市散策~きりたんぽ、秋田犬、曲げわっぱ

 10月25日(日)、秋田県大館市を訪れた。目的は「本場大館きりたんぽまつり」。秋田道E7を走り、二ツ井白神ICから国道7号を走った。そして国道7号沿いの道の駅「たかのす」で東北道の駅スタンプラリーのスタンプ収集を兼ねて小休憩。 道の駅たかのす そして国道7号を走りJR下川沿駅に寄った。 下川沿駅前にある記念碑。  プロレタ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

秋田内陸線~浜辺の歌音楽館

 9月27日(日)、あきたホリデーパスを利用して鉄道旅行した。あきたホリデーパスは秋田県内のほぼ全域のJRと秋田内陸線、鳥海山ろく線の乗り降り自由な一日乗車券である。当初の予定は秋田環状線一周。秋田環状線とはまだ一部の人々しか認識していないが、大曲~鷹ノ巣までのJR奥羽本線、鷹巣~角館までの秋田内陸線、角館から大曲までのJR田沢湖線を結…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

羽越本線完乗~新津鉄道資料館

 8月15日(土)、青春18きっぷを使って羽越本線を終点の秋田駅から起点の新津駅まで乗ってみた。羽越本線は大正13(1924)年に全線開通した。起点の新津駅から終点の秋田駅までの営業キロは271.7km。起終点を含む旅客駅数は60。新津駅は信越本線所属駅で秋田駅は奥羽本線所属駅なので、羽越本線所属駅は58になる。羽越本線は関西から東北を…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

 7月7日(日)、青森市を訪れた。目的はエヴァンゲリオン展である。それはそれで楽しめたが写真撮影不可だしブログ記事にし辛かったので、エヴァンゲリオン展の後に3年ぶり寄った青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸を中心にまとめてみた。  「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」は実際に青函連絡船として就航していた八甲田丸を青森港に係留して歴史博…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

石ノ森萬画館

 8月15日(水)、宮城県石巻市を訪れた。秋田から「青春18きっぷ」を利用しての旅である。秋田から奥羽本線で横手へ。そして北上線に乗り換えて北上へ。そして東北本線に乗り換え小牛田へ。さらに石巻線に乗り換えて石巻駅で下車した。 JR石巻線 石巻駅  石ノ森章太郎は宮城県登米郡石森町(現:登米市)出身で、出身地の石森(いしの…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more