降魔成道のオフタイム2

アクセスカウンタ

zoom RSS 「春の院展」「ピカソ版画をめぐる冒険」「宝塚歌劇展」「夜と美術」

<<   作成日時 : 2018/05/27 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 22

 ゴールデンウィーク最終日の5月6日(日)、美術展をガッツリと楽しんだ。

5月に入り、秋田市も桜からツツジの季節に移った。
画像

お堀はまだ蓮の葉が出ていなかった。
画像

画像


千秋公園から県立美術館へ。
画像

県立美術館の周囲ではサツキが咲き始めていた。
画像

画像

画像


 県立美術館がある「エリアなかいち」に最近新たに設置された「秋田犬ステーション」。秋田に来たのに秋田犬に会えない、と言う観光客の不満に対応して作られたとのこと。秋田犬の本場は秋田市ではなく大館市であり、秋田犬保存会の本部も大館市にある。だから秋田犬の施設が秋田市にないのは秋田市民にとって不思議でも何でもないが、県外、国外からの観光客には通じない話だったかも知れない。そんな意味ではこんな施設が出来たのは本当に良かった。
 秋田犬ステーションで秋田犬に会えるのは、ポスターに書かれているように曜日と時間が決まっている。そして数頭の秋田犬が交代で当番を務めるようだ。この日ステーションにいたのは「だいすけ」。
画像

画像

画像


 いくつかの美術展が開催中だが、先ずはアトリオンへ。
画像

画像

この日は「春の院展」秋田展の最終日。中で撮影出来ないので、個々の作品についてコメント出来ないが、今年も力作揃いで堪能出来た。「春の院展」の詳細は日本美術院ホームページへどうぞ。

日本美術院ホームページ
http://nihonbijutsuin.or.jp

今年の巡回はこのスケジュール
東京展  平成30年3月28日〜4月9日:三越日本橋本店
名古屋展 平成30年4月14日〜4月22日:名古屋松坂屋美術館
秋田展  平成30年4月25日〜5月6日:秋田県総合生活文化会館(アトリオン)
札幌展  平成30年5月9日〜5月13日:札幌三越
福井展  平成30年5月18日〜5月27日:西武福井店
京都展  平成30年5月30日〜6月4日:島屋京都店
大阪展  平成30年6月6日〜6月11日:阪急うめだ本店
山形展  平成30年6月15日〜6月24日:天童市美術館
倉敷展  平成30年6月27日〜7月8日:倉敷市立美術館
横浜展  平成30年7月13日〜7月22日:そごう美術館
福岡展  平成30年8月1日〜8月6日:福岡三越
松江展  平成30年8月23日〜8月28日:一畑百貨店松江店
神戸展  平成30年9月5日〜9月10日:そごう神戸店
新潟展  平成30年9月19日〜9月24日:新潟三越
広島展  平成30年9月28日〜10月8日:そごう広島店
栃木展  平成30年10月17日〜11月18日:さくら市ミュージアム
徳島展  平成30年12月26日〜平成31年1月3日:そごう徳島店

続けて同じアトリオン内にある秋田市立千秋美術館へ。
画像

画像

 今回の企画展は「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ―版画をめぐる冒険―」。ピカソの作品をこれだけまとめて観たのは今回が初めてである。それにこの美術展で、私の中のピカソの印象が大きく変わってしまった。ピカソはジョルジュ・ブラックと共にキュビスムの創始者で、それまでの絵画を否定して新しい現代絵画を始めた伝統の破壊者のようなイメージを持っていた。しかしヴィクトル・オルセルの「イタリアの女」、アングルの「トルコ風呂」や「スタマティ家」、それにラファエロの「三美神」などの絵画と共にそれらをモチーフとしたピカソの作品が展示されており、それらを見比べていると、ピカソが敬意を持って接していることが良く分かる。つまりピカソが意図したのは伝統の破壊ではなく、昇華ではないだろうか。これだけの作品を鑑賞出来たのは本当に良かった。

秋田市立千秋美術館ホームページ
http://www.city.akita.akita.jp/CITY/ED/ss/senshu-art/default.htm

フランス国立図書館版画コレクション ピカソ−版画をめぐる冒険−
秋田展 平成30年4月21日〜6月3日:秋田市立千秋美術館
福井展 平成30年7月14日〜8月26日:福井県立美術館
京都展 平成30年9月7日〜10月8日:美術館「えき」KYOTO
新潟展 平成30年11月03日〜12月16日:新潟市立美術館


再び「エリアなかいち」に戻り、秋田県立美術館へ。
画像

 秋田県立美術館は公益財団法人平野政吉美術財団の藤田嗣治作品などを展示するスペースと「県民ギャラリー」と呼ばれる貸出ホールが併存している。多くの場合、両者は主催者が別々で入場料も別々である。先ずは「県民ギャラリー」行われている「宝塚歌劇展」へ。これはABS秋田放送開局65周年の特別企画「宝塚歌劇展〜100年を越えていま〜」。私は宝塚歌劇団の公演を観たこともないし、宝塚市に行ったこともない。何人かの女優さんが元タカラジェンヌであることを知っているくらいなのだが。ともかく内部は撮影自由でSNS発信を奨励していたので、遠慮なく撮影してみた。(一部撮影禁止あり)
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

左からフェルセン、マリー・アントワネット、オスカル、アンドレ
画像

画像

画像

小道具は実際に使われた物とのこと。
画像

画像

この羽根を背負わされてしまったが、とても軽かった。
画像

記念撮影用の顔出しパネル
画像

宝塚歌劇団に全く疎い私も楽しめたのだから、ファンにはたまらない企画展だろうね。

ABS秋田放送ホームページ
http://www.akita-abs.co.jp/takarazukaten/index.html

特別企画「宝塚歌劇展〜100年を越えていま〜」平成30年4 月7日〜6月3日


 最後は「夜と美術」。観たことある作品ばかりだな、と思ったら、秋田市立千秋美術館や秋田県立近代美術館(横手市)から借りた作品ばかりだった。次の企画展への繋ぎのような美術展だった。なお常設展の藤田嗣治の作品では、藤田嗣治が南米旅行したときに買い集めた民芸品が多数展示されていた。

秋田県立美術館ホームページ
http://www.akita-museum-of-art.jp/index.htm

企画展「夜と美術」 平成30年4月7日〜7月8日

美術展巡りも楽しいものだ。
なお私は千秋美術館の年間パスを持っているので、ピカソ展は都合3回鑑賞してしまった。もしかすると最後にもう1回行ってしまうかも。それほど魅力的な美術展だった。
画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 82
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

タカラヅカ
女性から見た
理想の世界観でしょうね
その世界に入ると
きっと抜けられないのかも

無門
2018/05/27 22:26
おはようございます。
美術館巡りいいですね。とても楽しそう。
どの美術展も魅力的ですね。
最後にもう一回、気持ちわかります。
宝塚歌劇展、夢がありますね。
秋田犬の「だいすけ」君しっかりお当番
していて可愛いです
ゴンマック
2018/05/28 04:36
お早うございます
普通は自分の画風を作り出す
のがやっとですが
ピカソは何回も変えています
どの画風も素晴らしい
素晴らしいですね〜!
すーちん
2018/05/28 07:25
美術館巡り 楽しいでしょうね。
先日 ザギトワ選手と 秋田犬の
映像が流れていました。
人懐こい 可愛い秋田犬に ほっこり
しましたよ。
宝塚歌劇 数回しか見ていないですが
内容より 衣装の素晴らしさに 見とれて
しまいました。
それも 人気の証拠なんでしょうね。
フラバーバ
2018/05/28 08:50
こんにちは。

ピカソ版画をめぐる冒険、面白そうですね。
行ってみたいです。
宝塚歌劇展もやってるんですか。
私、宝塚歌劇って、テレビでも観たことないです。。。
トトパパ
2018/05/28 11:17
秋田市もツツジの季節に入って、やっと神戸に追い着きました。
裏庭では、まだツツジが綺麗に咲いています。
ネットNewsにもありましたが、先月15日に「秋田犬ステーション」が出来たんですか。
「ピョンチャンオリンピック、フィギュアスケート女子の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手が、日本から贈られたばかりの秋田犬のマサルを散歩させる動画が、インターネットのSNSに早速投稿され、かわいがる様子が話題を呼んでいます。」
とあり、この動画を早速拝見したが、世界的に有名になった秋田犬です。
私も秋田市を訪れ、秋田犬がいなかったらがっかりすると思う。

秋田で宝塚歌劇展ですか。
足伸ばし過ぎですね。
私はチケットをタダで頂き、一度観に行った事があるだけです。
華やかという印象だけで、特に述べる事も無いです。

ピカソには私も惹かれます。
それまでの常識を打ち破った画法が発明の様に思います。
クラシック界にジャズが乱入した!
という感じでした^^。
アルクノ
2018/05/28 14:32
美術館を梯子されましたか。日本の美術館は殆どが撮影禁止ですね。その点、ヨーロッパは実におおらかで、フラッシュを使わなければOKと言うところが実に多いです。
ザギトワ選手に秋田犬を贈ったことで秋田犬の知名度が更に上がりましたね。
長さん
2018/05/28 16:01
美術館巡り楽しまれましたね
ピカソの作品をご覧になって
印象が変わってきたのですね
それだけ美術に詳しいのですね
宝塚歌劇展見たいです
秋田犬
今1番人気ではないでしょうか
飼いたいです
ジュン
2018/05/28 16:40
無門さん、コメントありがとうございます。
連れていけ、とせっつかれていたので、行って良かったです。
降魔成道
2018/05/29 19:13
ゴンマックさん、コメントありがとうございます。
ピカソの作品をこれだけまとめて観たのは初めてでして、とても感慨深いです。美術館は私の自宅から自転車で10分のロケだし、年間パスを提示すれば何度でも入館出来るので、休日はついつい行ってしまいます。
秋田犬ステーションにいた犬がポスターの犬と同じだったので、ちょっとビックリしました。
降魔成道
2018/05/29 20:06
すーちんさん、コメントありがとうございます。
この美術展でも、ピカソの様々な時期の作品が展示されていて、変化の様子がわかりました。殻を破るのは並の人には出来ませんよね。
降魔成道
2018/05/29 20:41
フラバーバさん、コメントありがとうございます。
ザギトワちゃんとマサルのインスタ動画は話題になってますよね。秋田犬でなくても仔犬は可愛いですが、でもやっぱりマサルは可愛いです。秋田犬ステーションでは、犬を閉じ込めているのではなくお散歩に出掛けますので、今度はそれを追ってみたいと思っています。
降魔成道
2018/05/29 20:54
トトパパさん、コメントありがとうございます。
私も宝塚は観たこともないです。でも女の人ははまる人が多いですよね。何か惹き付けるものがあるのでしょうね。
降魔成道
2018/05/29 21:00
アルクノさん、コメントありがとうございます。
秋田でも秋田犬の人気が高まっているのか、市内を散策していると、秋田犬と散歩している人を見掛ける回数が増えました。飼っている人の話では、大型犬なのでエサ代も結構かかるようだし、散歩も結構な距離を連れて歩かないといけないようで大変だそうですが。でも好きな人は好きなのでしょうね。
小林一三についての書を読んだことがあるのですが、小林翁の宝塚への思い入れは相当なものだったそうで、映画会社の東宝も前身が東京宝塚劇場だったのにも驚いた覚えがあります。阪急ブレーブスを手放しても宝塚歌劇団を手放さないのは、小林翁の思いが生き続けているのでしょうかね。
降魔成道
2018/05/29 21:41
GWの美術館巡り、これだけ回ると充実感があったのではないですか。秋田犬は最近ますます注目が集まっていますね。海外でも本当に人気があるのですね。私も実際に見て撮影したいなと思います。
県民ギャラリーの宝塚歌劇展も凄いですね〜。ファンなら熱狂してしまうのではないでしょうか。確かにファンでもなくても楽しめそうです。
ミクミティ
2018/05/29 21:49
サギトワ選手に贈られた秋田犬「勝」が
話題になり、私も画面にくぎ付けでした。
秋田犬の本場は秋田市ではなく大館市でしたか
初めて知りました。

美術館巡りは楽しかったでしょうね。
ピカソの絵画を堪能されたのは
羨ましい限りです。
新たな気づきも発見出来て良かったですね。

宝塚フアンには堪らない企画ですね。
私は従妹の家が宝塚にあるのでショーを
何回か見ましたし、街もあか抜けていて
お洒落で洗練されています。
記念撮影用の顔出しパネルで降魔成道さんの
お顔も見て見たかった(笑)
慈園
2018/05/30 14:07
長さん、コメントありがとうございます。
そうですね。フラッシュ禁止は当然としても、撮影許可してもらいたいものです。デメリットなんて特に何もないですから。
秋田犬は秋田でも再評価されているみたいですよ。
降魔成道
2018/05/30 20:12
ジュンさん、コメントありがとうございます。
私は美術についてしっかりと学んだことないし詳しくないですが、鑑賞するのは大好きです。
宝塚は私も一度は観てみたいです。
降魔成道
2018/05/30 20:49
ミクミティさん、コメントありがとうございます。
「春の院展」は、政令指定都市でも開催されない都市がいくつもあるのに、秋田には毎年必ず来るのが嬉しいです。それもゴールデンウィークと決まっているので、毎年欠かさずに観ています。いつも入場者が多くて、秋田の人は美術好きな人が多いようです。
秋田犬は可愛いですよね。秋田犬に限らず柴犬等の日本犬が海外でも人気のようですね。
降魔成道
2018/05/30 21:02
慈園さん、コメントありがとうございます。
秋田犬は江戸時代には大館犬と呼ばれていたようです。忠犬ハチ公も大館出身の秋田犬です。
私は美術についてはしっかりと学んだこともなく、審美眼もありませんが、でも美術を鑑賞するのは大好きです。ピカソも特に詳しくないのですが、こうしてたくさんの作品を観ていると色んなことが感じられて楽しいです。
宝塚は女性の夢がたくさん詰まっているのでしょうね。男の私も楽しめましたから、ファンの女性にはたまらないでしょうね。公演も一度は観てみたいです。
降魔成道
2018/05/30 21:27
こんばんは。
ゴールデンウイークに院展やらピカソ展等をしっかりごらんになられ、充実のGWを楽しまれたんですね。
宝塚展もしっかりご覧になったんですね。
かつて、塚ファンでした〜、その方のお写真もチラッと拝見しました。
天寿君は秋田出身だったんですね。写真みて知りました。
ロシアンブルー
2018/05/30 22:26
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
ロシアンブルーさんは宝塚ファンでしたか。ファンの人にはたまらない企画だったでしょうね。私は現役タカラジェンヌを全く知りません。知っていたらもっと楽しかったかも。でも楽しい企画でした。この日はそうではありませんでしたが、数人のタカラジェンヌが来ています。
降魔成道
2018/05/31 21:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「春の院展」「ピカソ版画をめぐる冒険」「宝塚歌劇展」「夜と美術」 降魔成道のオフタイム2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる