千秋公園の晩秋と「レオナール・フジタとモデルたち」

 11月12日(日)、晩秋の千秋公園を散策した。10月14日に散策したときは紅葉がまだだったので、そろそろどうかと思って。

紅葉どころか落葉で裸の樹木が目立つ。
画像

秋田市立中央図書館明徳館の生垣のドウダンツツジ。
画像

カエデもよい感じで紅葉していた。
画像

松下門跡の坂道で
画像

二の丸売店付近のアカマツ
画像

坂を上り長坂門へ。
画像

画像

画像

長坂門の脇にある御物頭御番所
藩政時代からの建物。
画像

長坂門と御物頭御番所の間にあるムラサキシキブ。
画像

画像

長坂門をくぐり本丸へ。
これを撮影するのが今回の目的。
画像

勝平得之「千秋公園八景」の1つ「本丸晩秋」昭和9(1934)年に比べると、オオカエデが随分と大きくなったことが実感できる。
画像

画像

本丸から見下ろした胡月池
画像

八幡秋田神社そばの消防慰霊碑裏のサルスベリ
こんなにコブがあったら猿でなくても登られそう。
画像

画像

与次郎稲荷神社そば。ハリギリだろうか。
*なおさんにヤツデだと教えていただきました。
なおさん、ありがとうございます。
画像

何故か真っ直ぐに伸びない親王殿下ご兄弟の植えられたクロマツ。
画像

画像

画像

ヒラドツツジと思われる。
画像

画像

御隅櫓(おすみやぐら)
先月は入館していないが、久しぶりに中へ。
画像

久保田城の模型図
画像

久保田藩の領土。
現在の秋田県は久保田藩に鹿角地方と由利地方が加えられて完成した。
鹿角は盛岡藩の一部だったし、由利には小藩が分立していたので、同じ秋田県内でも少し雰囲気が異なる。
画像

最上部からの眺め
北方には太平山
画像

西方には男鹿半島、それに日本海が少し見える
画像

南方は千秋公園と市街地の一部
画像

東方は千秋公園
画像

御隅櫓を出て
イチイかな
画像

イチイだよね
画像

やっぱりイチイだ。赤い実を見つけてはしゃいでいる私って(^^;
画像

そしてこれの撮影も大切な目的。
画像

勝平得之「千秋公園八景」の1つ「眺望台の秋」
どうやっても同じ構図の写真は無理だった。
ところでこのブログ記事を書くために「千秋公園八景」で検索すると、私の過去のブログ記事がヒットする。このキーワードで私のブログに来る人もいるのだろうか。あまり変なことは書かれないな。
画像

階段を下る
画像

アヤメ園へ。
画像

ハナショウブでもカキツバタでもなく、確かにアヤメである。
と言うか、11月に咲く花だっただろうか。
画像

つぼみもある。
画像

頭がクラクラしてきたが、気を取り直して散策を続ける。
ユズリハ
画像

来年の新芽の準備かな
画像

アヤメ園から本丸に戻る途中に見かけた実。
何の実だろう。
画像

画像

本丸から胡月池の方へ降りてみた。
ツツジも冬ごもりの準備。
画像

胡月池
画像

彌高神社(いやたかじんじゃ)。秋田出身の国学者・神道家である平田篤胤を御祭神とする神社。七五三の時期なので、何度も撮影を頼まれてしまった。
画像

彌高神社の鳥居の前、馬場跡のメタセコイア
画像

画像

画像

胡月池の畔のハイビャクシン
画像

画像

キャラボク
画像

画像

千秋公園散策に欠かせない書
画像

無明舎出版 本体2000円+税
原則として1頁に1種の樹木が写真付きで解説されている。千秋公園の地図からも検索できる。私のようにそれほど樹木に詳しくない人にも便利でとても重宝している。

その後は県立美術館へ。
画像

「レオナール・フジタとモデルたち」。秋田県立美術館も藤田嗣治については屈指の美術館だが、フランスから出品された作品が多数展示された。藤田嗣治は裸婦画で有名だが、今回は男の裸の絵に目を見張らされた。ボクサー、レスラー、空手家or柔道家を描いた「誰と戦いますか」、それに「横綱栃木山の像」は本当に素晴らしい。また新たな藤田嗣治の魅力に虜になってしまった。

"千秋公園の晩秋と「レオナール・フジタとモデルたち」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント