テーマ:千秋公園

「ピーターラビットの世界展」と「華ひらく皇室文化」

 7月28日(土)、また8時頃まで睡眠負債を返済し、昼頃まで家の片付けなどして午後からぶらりと出掛けた。先ずは秋田市立中央図書館明徳館へ。借りていた書を返却して別の書を借りに。明徳館は外堀と内堀の間にある。 外堀(大手門の堀)はハスの葉に覆われていた。蕾が多く、満開はもう1~2週間後だろうか。 脱け殻発見…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

千秋公園の水辺

 6月24日(日)、保戸野通町で「ヤートセ秋田祭」を楽しんだ後、佐竹小路を通って千秋公園の内堀と外堀の周辺を散策した。 内堀へ。 カルガモの語源は万葉集の「軽の池の鴨」が由来と言われている。 古代の「軽」は現代の奈良県橿原市の一部で、現在も「軽の池」が存在するらしい。 軽(かる)の池の 浦廻(うらみ)行き廻る 鴨すら…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

「春の院展」「ピカソ版画をめぐる冒険」「宝塚歌劇展」「夜と美術」

 ゴールデンウィーク最終日の5月6日(日)、美術展をガッツリと楽しんだ。 5月に入り、秋田市も桜からツツジの季節に移った。 お堀はまだ蓮の葉が出ていなかった。 千秋公園から県立美術館へ。 県立美術館の周囲ではサツキが咲き始めていた。  県立美術館がある「エリアなかいち」に最近新たに設置さ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

千秋公園桜まつり

 天童市から帰った翌日の4月22日(日)、秋田市の千秋公園を訪れてみた。  4月18日(水)から4月30日(月)の日程で「千秋公園桜まつり」が開催されている。   千秋公園は、慶長7(1602)年から明治2(1869)年まで12代267年間続いた久保田藩20万5800石の藩主・佐竹氏の居城であった久保田城の本丸・二の丸跡地に整備…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

千秋公園の雪景色と「秋田蘭画と寿ぎの美」

 少し忙しくてブログ放置してしまいましたが、再開します。  1月28日(日)、千秋公園を散策した。 外堀はこんな状況。氷が張って、その上に雪が積もっている。 こちらは内堀 勝平得之「千秋公園八景」の一つ「松下門址」昭和12(1937)年 現在の松下門跡 平成30(2018)年 二の丸跡 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

千秋公園の晩秋と「レオナール・フジタとモデルたち」

 11月12日(日)、晩秋の千秋公園を散策した。10月14日に散策したときは紅葉がまだだったので、そろそろどうかと思って。 紅葉どころか落葉で裸の樹木が目立つ。 秋田市立中央図書館明徳館の生垣のドウダンツツジ。 カエデもよい感じで紅葉していた。 松下門跡の坂道で 二の丸売店付近のアカマツ 坂を上り長坂…
トラックバック:1
コメント:24

続きを読むread more

千秋公園の秋

 10月14日(土)、千秋公園を散策した。 佐竹資料館 入館100円。年間観覧券200円。 「佐竹氏と伊達氏」という企画展が行われていた。 千秋公園の階段は、その殆どが直角のつづら折りとなっている。先を見通せないようにして敵の攻撃を緩和することが目的だったらしい。 長坂門。久保田城の表…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

エロール・ル・カインの魔術展とマリメッコ展

 8月12日(土)、秋田県立美術館で開催されている「エロール・ル・カインの魔術展」と秋田市立千秋美術館で開催されている「マリメッコ展」を観てきた。  その前に千秋公園の外堀の蓮。当日午前10時。 雨上がりだったので、こんなのも。 中土橋の鳩 外堀の鯉 外堀のカルガモ …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more